スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネットでホメオパシー注文

ドイツの秋。
先週から朝は痺れるような寒さです。
昨日は車の窓ガラスが真っ白でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

more...

スポンサーサイト

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

インフルエンザ予防 3

「インフルエンザの予防 2」で紹介したOschillococcinum。

フランス語が得意なうちの娘に取り扱い説明書を訳させました。

予防目的なら週に1回。

罹ったら、一日2から3回、6時間おきに1箱全部。(もちろん舌下で溶かします)
(これは大人です。子供は半分、幼児は3~5粒)

3日たって治らなければ医者へ。
食前15分前か食後1時間に服用。

とのことです。

- 追加 -

「Oschillococcinum」は鴨の心臓と肝臓から作られるレメディー。

先週、ある患者さんにこれをお勧めしたところ、フランス出張を利用して購入。
なんと、6パックで6ユーロだったそうです。(僕も頼めば良かった・・・)

聞いたところ、現地のフランス人スタッフも知っていて非常にポピュラーだとか。
インフルエンザのシーズンは皆使っているそうです。

6パック6ユーロなら・・・そりゃ皆使うよね。

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

ホメオパシーでインフルエンザ予防 2

出勤する朝7時前は冬時間に入ったので明るくなりました。
路面が乾いていればロードレーサーで出発です。

帰りは夜8時を過ぎるので真っ暗。
もちろん自転車にライトをつけて走ります。

ロードレーサーはこんな感じで、点灯が2個、点滅(右側)が1個です。

s-DSC01619.jpg

シクロクロスも同じくこんな感じ。点滅用はレーサーと共有しています。
ゴチャゴチャしてますが(笑)、下に並んだライトの右側は点滅灯としても使えます。
電池はすべて充電式。

s-DSC01621.jpg

なかなか通勤で3発付けている方にはお目にかかりません。
反対から来る自転車は(彼らは左側を通行しているわけですが)、道を譲ってくれます。

--------------------------------------------------------------------------

インフルエンザの話の続き。

予防は大事ですが、じゃあ罹ってしまった場合。
同じく以下の製品をお勧めします。

フランス、ボイロン社製のオスシロコチニューム。

Boiron oscillococcinum (6.85ユーロ)

s-DSC01617.jpg

フランスでは感冒に使うポピュラーなホメオパシーらしい。
8時間後には熱も下がっているそうです。

飲み方ですが、箱の中のカプセルに入っている粒を全部一度に取ります。
つまりこの一箱が一回の服用分です。
口の中で溶かして服用するのは他のレメディーと同じです。

フランス製ということで取り扱っていないアポテケもあるとか。
以下の薬局にはありました。

Rosegger Apotheke
Eschersheimer Landstr.383
60320 Frankfurt
069-561221 Fax:568390

-------------------------------------------------------------------------

患者さんのお嬢さん(6歳)が昨日発熱したのでこれをお勧めしました。

先程電話したら、今日はほぼ平熱に戻り、機嫌も良く食欲もあるそうです。
「ほぼ8時間ですね!」と笑っておられました。
良かったですね。

(Kさんの協力を得てこの記事を書いています)

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

ホメオパシーでインフルエンザ予防

この前交換したシクロクロス用のブロックタイヤ。
グリップ力が凄く、効果抜群です。
マウンテンバイクに乗っているようです。

その代わり、路面抵抗も段違いにアップ (悲)。
時速40kmオーバーの下り坂では、「ゴォーッ」っという物凄い音がします。
平地では早朝からもう「筋トレ」状態です。

今朝は路面が乾いていたのでロードレーサー出勤。(23mmのスリックタイヤ)
路面抵抗の少なさに涙が出そうでした。
やっぱりロードレーサーは良いなあ!

----------------------------------------------------------------------------

ついに日本人学校でもインフルエンザに罹った児童が・・・。
ドイツではそんなに騒いでないんですけどね。
というわけで膝の話をひとまず置いてインフルエンザ予防の話。

個人的な意見ですが、日本人はインフルエンザに罹りやすい。
インフルエンザは抵抗力(免疫力)が落ちている人が罹るのです。

日本人は大人も子供も薬飲みすぎ!でしょ。
そんな沢山薬飲んでたら、抵抗力が下がっちゃいます。

日本の医者もちょっとした風邪に対してすぐ抗生物質を処方して症状を抑えようとします。
親の希望なんだろうけど・・・、親がもっと賢くならないとね・・・。

僕は予防接種反対派なので、秋口から「インフル」と「オスシロコチニューム」という2種類の
ホメオパシーで予防してきました。

ドイツではそれが一つで取れる製品があります。

WALA Meteoreisen Globuli Velati (9.08ユーロ)

s-DSC01616.jpg

5粒を朝昼晩、食前にとります。

ホメオパシーの粒は、ゴクン!と飲み込まず舌の下に入れ溶かして服用します。
何故「舌の下」かというと、ここには血管が沢山あるので体内への吸収が早いのです。

どこのアポテケでも買えますが注文になるでしょう。
午前中に注文すれば夕方までに届いています。

(Kさんの協力を得てこの記事を書いています)

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。