スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週はマラソン 講習会 ラグビー


昨日まで3日間の講習会。

朝起きて現地の天気をチェックしたら。

げ、。


sIMG_1590.jpg


山の中なのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

more...

スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

iPad 購入

ドイツは不安定な天気が続いています。

一言でいえば「涼しい夏」
この冬が心配ですね。


sDSC_0583.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

more...

theme : 医療従事者になるための勉強
genre : 学校・教育

講習会2年目終了とジョギングシューズ

ドイツは良い天気が続いています。
今週は週の半ばに少し天気が崩れるようです。

昨日1週間の講習会が終わり、「デュッセルドルフ、19時9分発の
ICE929」でフランクフルトに帰ってきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

more...

theme : オステオパシー
genre : 心と身体

人体模型

寒いですねー。
変な天気が続きます。

昔一緒にここでラグビーをした人が、再び赴任でフランクフルトへ。
昨日、久しぶりに飲み会。
たいして飲んでないのだけど、起床は8時。寝坊してしまいました。

RTFに出るつもりだったけど、今日のコースはどっちみちフェルドベルグに
登るコース。
というわけで今年初めて一人でフェルドベルグヘ。

頂上までのタイムは、自己ベストより1割遅かったです。
帰りの下りは寒かったー。(レッグウォーマー忘れた)
鼻水垂れてきたもん。凍えました。

途中で会う自転車乗り達の足も日に焼けてないねー。(僕もそうだけど)
天気が悪くて、皆さん太陽の下で走れてないみたい。

---------------------------------------------------------------------

やっぱり買うべきかナー、と散々悩んだ、スケレット(人体模型)。
部分的には持っているのですが、場所も取るし・・・。

でもやっぱり気合を入れて、「もう一歩」、解剖学を深める為に購入。



s-DSC02027.jpg



こんな感じで場所やフィーリングを確かめたり、患者さんに説明するのに使います。



s-DSC02029.jpg



2年目の講習会から頭部の治療も入ってくるので、「頭蓋骨の継ぎ目」をこれで確認
するのが一つの目的だったのですが・・・。
安物なもんで、この辺り、特に側頭骨の縫合が今ひとつ不確実だなぁ。



s-DSC02030.jpg



良いモデルを買うと、頭蓋骨だけで300ユーロ近くするもんで・・・。
今回はこれで我慢しましょう。


しばらく目を離していたら、息子がこんな事して遊んでました。


s-DSC02031.jpg

(前に倒れて自分の首が取れ、それをキャッチした図、だそうです)


s-DSC02032.jpg

(ちょっとリアルで怖いです)


----------------------------------------------------------------------------

こういう機会に、少しは医学に興味を持ってくれると嬉しいんだけど。
親に似ず、理数系がめっぽう強いので。

でも・・・こんな模型でそこまで期待しちゃ駄目でしょうね、やっぱり。


theme : 健康&美容とくとく情報
genre : 心と身体

ワールドカップが始まりました

ワールドカップも始まりましたね。

4年前はドイツ開催でした。
今年の天気に似て、直前まで雨が降り続き寒かった年でした。
でも始まる直前、ドイツは猛暑に。

世界中からドイツに来るサッカーファンの中には、野宿をするつもりで
来た若い人たちもいたと思います。

僕の心配する事ではなかったけれど、そういう人たちの為にも、早くちゃんとした夏が
くれば良いなーと、開催前に思ったものです。

つい昨日のことのようですね。

------------------------------------------------------------------------

試験も終了。

何時もは木金土の3日間ですが、今週はセミナー週間(テスト週間)ということで、
月曜日から土曜日までぶっ続け。

自分で言うのもなんだけど、こんな勉強した1週間は過去に無かったと思います。

8時半から午後6時までの授業を終えて直帰。

時間節約の為、ホテルの2件隣りにある、トルコ料理のインビスでケバップを
テイクアウトして部屋で夕食。(コーラと合わせても3ユーロ)

その後、一歩も部屋の外に出ず勉強。
ビールも飲まなかったし、毎回二日に一度は行った、タイマッサージも
今回は我慢しました。

----------------------------------------------------------------------------

試験は月曜日と金曜日。
木曜日の休憩時間に女性達から、「明日の夜、皆で打ち上げしようよー」との提案。

毎晩3ユーロで済ませていたので(笑)、デュッセルドルフにちゃんとした日本食を
食べに行こうと個人的には思っていたのですが。

「タダシも来るよねー」と半強制的なお誘い。

場所もノイスからだと、電車で30分以上かかるケルン市内なのですが、丁寧に
地下鉄の乗換駅まで紙に書いて渡され、

「絶対来てよ!」と念を押される始末。


------------------------------------------------------------------------


集合場所はケルン大学の近くにある人工湖に隣接しているビアガーデン。
http://www.biergarten-aachenerweiher.de/

もちろんワールドカップ用にモニターも幾つか用意されています。
前座でアフリカの民俗音楽バンドが演奏。
僕には少し煩く感じます。


ライブ中継が始まるとこんな感じ。


s-DSC01983.jpg


-------------------------------------------------------------------------------


左がレナ、右がクラスでも僕の隣に座るフィリップ。
2人ともケルンっ子です。

背中を向けている金髪の女性が2人。
「おいおい、あの左側の女性、地元局のアナウンサーだよ」とフィリップ。

うーん、確かに皆の視線を集めていました。
という訳でミーハーな写真を一枚。


s-DSC01982.jpg


その後、業界人っぽい何人かが来て歓談してました。
サッカーには全然興味ないみたい。


---------------------------------------------------------------------------


クラスメイトの女性達。左からジャスミン、レナ、リア。
超優秀な3人です。


Aachner Weiher Köln 11.06.10 3


何だかんだ皆で騒いで、楽しかったですー。
仲間になるにはこういうのも大事なんだよなぁ。

ハードだったけど、この歳でまだこんなに勉強が出来るんだ・・・と思うと、
楽しくもあった1週間でした。

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。