スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通勤用自転車

今年の年末は家でゆっくりしています。
昨日はこの前注文したスペシャライズドのシクロクロスをクローンベルグのショップに取りに
行ってきました(喜)

しかし今年の冬は寒いですね。今日は快晴の青空でしたがほぼ真冬日に近かったのでは?
寒すぎて自転車で走る気にもなりませんでした。

年末は変則的に12月29日と30日も仕事をします。
ゆっくり起きて仕事に行き、早めに帰ろうと思っていましたが、何時も通りびっしり
予約が入ってしまいました。
ありがたいことです。

29日の天気予報をネットで見たら朝の気温マイナス一度。
体感気温はマイナス6度。ヒィェエー。
でもマイナス何度だろうが自転車で行きますけど。

順番からいったら紹介するのはマウンテンバイクですが、あえて(意味は無いんですが)
イタリア製のロードレーサー、ウィリエール社のイゾアードです。

前からこの100年の歴史を持つイタリアのメーカーは気になっていました。
デローザ、コルナゴ、ビアンキほど有名ではあいませんが、ツールドフランスにも出場する
名門チーム、「ランプレ」に現在も自転車を供給しています。
今年のイタリアでの世界選手権でも、このチームのイタリア人バランが優勝。
2位も本来このチームのエースである、クネゴでした。

この「イゾアード」は日本の雑誌や専門ショツプのインプレッションで非常に評価が高かったので、
一度見たいと思ってたんですよ。
ガチガチのレースに勝つためのマシン、というより少し楽に走るためのレーサー、
というのがコンセプトです。

そうしたら通勤途中にある専門店のショーウィンドーに飾ってあるではないですか!
今年の3月くらいの頃です。なんだかんだで手に入ったのが夏前でした。

通勤に使ってますが、信号待ちで横に並ばれ青信号と共に皆がダッシュ・・・、
というのが通勤時に繰り返される何時もの光景。
でもこのレーサーに乗っていると横に並ばれなくなりました。
僕の実力ではないんですけどね(苦笑)


フレームはカーボン製。聞いていた通りカーボンは「しなり」があるので路面の凹凸を吸収してくれます。カラーリングもイタリアらしく派手。

DSC00497.jpg
DSC00498.jpg

パーツは当然イタリアのカンパニョロ。コストパフォーマンスの高い「ケンタウル」。
クランクもカーボン。コンパクトドライブ。
ずーっと53×39を使っていたのでアウターの50は慣れるまで時間がかかりました。
ペダルはルック。フレームに合わせて白いペダルです。
シューズもスペシャライズドの白です。

DSC00504.jpg

ホイールは「フルクルムNo3」。通勤にはもったいないですか?
日本ではこのホイール前後で9万円位するらしい。
タイヤはイタリアのビットリア。今度トレット部分が赤いタイヤに変える予定。
コンチネンタルの400GPでも赤いのがあったので多分それにするかなぁ。
コンチのグリップ力の高さはバッソで走ったときに確認済みなので。

DSC00500.jpg

サドルはセライタリアのSLK。今のところ問題ないですが長距離でも大丈夫か?
は走ってみないと判らないです。
変えるなら人気のフィジークのアリオネかセラのSMP。
もう少し腰のポジションを後ろに引きたい希望があります。
サドルをアリオネにするかシートピラーを変えるか?

DSC00501.jpg

左のサドルはバッソにつけていた、今は生産中止のサンマルコ・エラK。
とてもよいサドルなので、これは今回のシクロクロスにつけようかと思います。
右側のサドルはスペシャライズドのMTB、エピックについていたもの。
僕には幅が合わなかったで、MTBには現在、フィジークのゴビをつけています。

DSC00759.jpg

ステムもリッチーの120mm。長距離を考えるともう少し高さ、ブレーキレバーの位置も含め、
微調整が必要かも。
ハンドルはアナトミックタイプが付いていますが、もう少しアーチの浅いタイプが
僕には向いていると思います。
そういうタイプがあれば、将来的にステムとハンドルが一体型の白いカーボンにしたいです。

DSC00506.jpg

現行のシマノのブレーキは使ってないので判りませんが、このケンタウルは昔使っていた
デュラエースよりは効きが良いです。
バックステーも美しいライン。

DSC00502.jpg


雨の日には乗りません。
仕事の帰りに雨が降った時の為にワンタッチでつけられる泥除けをプラクシスにおいてあります。
冬至も過ぎたのでこれからは少しずつ日が長くなってきます。
暖かくなったらまたこのレーサーの登場です。

今はMTBにスパイクタイヤを付けて走っているのでほぼ毎日が「筋トレ」状態。
「筋トレ効果」は昨春に実感済み。

春が待ち遠しいです。
スポンサーサイト

theme : 健康第一
genre : 心と身体

プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。