ハロー、ドイチェランド!

快勝でしたねデンマーク戦。
特にあの3点目は凄かったですね。

フリーキックでズゴーンと叩き込むシュートも豪快ですが、あんな形で日本も
点を取れるようになったんだと感動しました。

彼のような精神的にタフな選手があと5人くらい代表に欲しいですね。

元フランクフルトの稲本選手も後半途中出場。
嬉しそうにプレーしてましたね。

実はあの翌日、デンマーク人の患者さんが入っていたのですが、治療中は
サッカーの「サ」の字にも触れませんでした(笑)。

---------------------------------------------------------------

でも試合後にがっかりさせられたのが、長谷部へのインタビュー。
せめて、(自国にばかりで日本なんかに興味の無いドイツ人に)

「ハロー、ドイチェランド! ダンケフュアオイレウンターシュトュッツング!」
「ドイツの皆さん!応援ありがとう!」

なーんて一発言って笑いを誘えば、ドイツでハセベ人気も上がっただろうに。

キャプテンだし、ドイツでプレーしてるんだから、「勝ったら」(ドイツの放送局から)
インタビューされるかも?と用意しておかないと。

きっと試合に集中していて、そんなこと考えられなかったんでしょうね。

でも「ヴィアヂンドべステマンシャフト」と最後に言った彼の気持ちは伝わってきたぞ。

------------------------------------------------------------------

我が家は沢山本を読むのですが、当然こちらでは沢山買うわけにはいきません。

電車に乗る機会が多かった学生時代は毎月10冊は読んでたのに。
(というか、今思うとなんでたった10冊しか読めなかったんだろ?)

最近2回にわたり大量に本が手に入り、「とっても」幸せな気持ちです。


ジャーン! 転勤されたAさんから格安で譲って頂きました。嬉しいですー。


s-DSC02040.jpg


ジャジャーン! 同じく、ある方を通して購入させて頂きました。超嬉しいですー。


s-DSC02037.jpg


村上春樹の 1Q84 BOOK 3 はお約束でしょう。
そしてマイブームの山本一力。
今まで8冊読了。今回5冊購入。超々嬉しいですー。

------------------------------------------------------------------


でも、石川さん・・・読む時間あるんですか? と別れ際にAさん。
うーん、良い質問ですね。

今は電車通勤をしていないので。
まあでも講習会に行くICEの中では読みますね。ホテルでも。

レストランでお昼ご飯待っている時間とか。
ポストやレジで並んで待っている時も、必ず何か読むし。

あとは日常生活のほんのちょっとした空き時間に。
例えば、患者さんを待っている時間とか・・・。

きっと1分か2分だろうけど。
でも、この1分も60回あれば1時間だもんね。

年齢を重ねるにつれ、時間の貴重さに身悶えしたくなるような今日この頃です。


スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示