こんなの食べてました

秋ですね。
家の前の木々はこんな感じです。おまけに雨。

DSC00740.jpg

---------------------------------------------------------------------------


秋といえば「食欲の秋」。
日本に行く、と言えば、
「秋は食べ物が美味しくて良いですよね」と皆さん声をそろえて言いますね。

ドイツでは仕事が忙しいこともあり、規則正しい食生活をしているのですが、ウィークリー
マンションに一人住まいの学生生活に戻るともう駄目。

日本は食べるものも沢山選べるし、安いし、美味しい。
毎昼、毎晩の外食で暴飲暴食してました。

自転車にも乗れないので運動不足。出来たのは毎晩のストレッチくらい。
太りはしなっかったけど。


年末年始に続き、今回も頼み込んで復習させてもらった、大阪総合カイロプラクター学校。
http://www.oscp.com/
学校の近くにあって週に3回は行った「ラーメン亀王」。
九州の豚骨ラーメンです。「きおう」と読むのですが、食べていると必ず誰かが
「かめおうラーメン下さい」と注文します。餃子も美味しい。

DSC00642.jpg

写真取る前に餃子を2個ほど食べてしまいました。

DSC00644.jpg

入り口はこんな感じ。前に立つのは真面目な吉田先生。

---------------------------------------------------------------------------

ジャパンレイルパスを今回も買ったので、授業が早く終わった日には新幹線で神戸に
ご飯を食べに行ったりしました。
三宮、元町・・・素敵な街でした。今度ゆっくり行きたいなー。
うー、元町で食べたカレーの写真が無いのが惜しい。

同じくお好み焼きを食べるつもりで広島へ。
広島に帰国された患者さんに昔聞いた「お好み焼き村」なるものを訪ねるつもりが、
雨で気力を失い、駅ビルの中へ。
「牡蠣フライ」の誘惑に負けました。

DSC00648.jpg

これで1500円。日本酒(加茂泉)付き。

DSC00645.jpg

同じ駅ビルの上の階にあったマッサージ屋さん。
技術も無ければ愛情も無い、下手な人にあたってしまいました。
お勧めしません。

------------------------------------------------------------------------

今回の日本滞在、後半は実家の岩手へ家族と帰省。
盛岡市の郊外にある、繋(つなぎ)温泉の「旅染屋山いち」に両親と宿泊。
食事もお湯も評判通りでした。
http://www.tsunagi-yamaichi.jp/
また泊まりたい旅館。

DSC00697.jpg

岩手山です。

そうそう、この辺はNHKの朝の連続ドラマテレビ小説「どんど晴れ」の舞台になったんですね。
岩手山の麓に位置する滝沢村の別荘地で営業している「岩魚屋」さん。
岩手山の伏流水で養殖している「岩魚」(いわな)を刺身で食べさせてくれます。

DSC00673.jpg

今回の日本滞在中、最高の珍味。岩魚の刺身、寿司、卵 !
また写真を撮る前に刺身を数切れ食べてしまいました(笑)
この後、岩魚の塩焼き、きのこ、芋の子汁、おにぎりがでました。

DSC00668.jpg

事前に頼んでおくと、お蕎麦の手打ちをさせてくれます。
教えるのが上手!子供にも優しく手ほどきして頂きました。

---------------------------------------------------------------------------

岩手県北上市にある、ロシア料理「トロイカ」
http://www.d3.dion.ne.jp/~troika/index.html

DSC00705.jpg

このチーズケーキが全国区になってしまいました。芸能人にもファンが多いそうです。
東京の銀座でも、通販でも買えます。
オープンしたのは僕が小学生の時。家族でよく行きました。
カウンターと丸テーブルが二つ、暖炉があった小さな店でした。
田舎だし、シェフの高橋さんは材料に妥協を許さない「こだわり」の人なので、当時は経営が大変だったと思います。
でもその「こだわり」が今の時代に花開きました。

東京で生活していた大学時代、どこでチーズケーキを注文しても当時は「プレーンチーズケーキ」が主流。
僕はこのチーズケーキを食べて育ったので、東京にはなんで「ベイクドタイプ」が無いのか不思議でした。このケーキには「ロシア紅茶」かな、やっぱり。

DSC00698.jpg

ボルシチもピロシキも僕の小学生当時と変わっていないのが嬉しい。

-----------------------------------------------------------------------------

大学時代は東京の八王子にいました。

今回一泊で当時からお世話になっている先輩のところへ。

DSC00714.jpg

DSC00718.jpg

先輩の小学校時代の同級生が経営している焼酎バー、「DK-FINE」に連れてってもらいました。
京王線北野駅の近く。良い店でした。

_画像-0001

僕は芋焼酎は飲まないので詳しくないですが、この3銘柄はなかなか飲めないらしい。
「もち豚」のつまみと「塩やきそば」が美味しかったです。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示