ミュンヘンからのお土産

今日は良い天気でした。
最高25度Cまで上がりました。

70kmのRTFを走って、腕も足も見事に日焼けしてしまいました。
うちの倶楽部の誰とも会いませんでした。

---------------------------------------------------------------------

以下、先週のスキーの帰りにミュンヘンに寄った時のお土産。

オンヨネのスキーパンツ

s-DSC01955.jpg


今のトレンドですね。

これに合わせるジャケットの色は・・・、白、綺麗な水色、薄い緑、紫に近い紺色などの、
シンプルなタイプが合うでしょうね。

スキーウェアは沢山持っているのに・・次は何時スキーに行けるかなぁー。
御一緒したKさんとも同じ意見でしたが、月に一度は行きたいですね・・・無理かぁ(笑)。



オンヨネの自転車ウェア

s-DSC01958.jpg


これがすごいんですよ!
超高級素材を使った自転車ウェア。

上が25200円。下が18900円。
僕の知っている限り、マビックの製品並みに高価なウェアです。
http://www.chari-u.com/parts/wear/submavicwear.html

こんなの作れるスポーツアパレルメーカーはオンヨネしかないだろーなぁ。
http://www.bike-gear.jp/

カタログに載せて一般販売しているけど、オリンピックや世界選手権の為に
特別に何着か作られるようなレベルのウェアです。

もったいなくて普段着れません。
・・・でも着るけど。


同じくオンヨネ製のオールウェザー・ジャケット。

s-DSC01956.jpg

凄い高級な生地を使っているんですよ。これも。
薄いけれど高機能、そしてとても軽いジャケットです。
色も黒に見えるけど、濃い茶色です。(何色かある中からこれを選びました)

「石川さん、自転車に乗る時良いんじゃない?」
と言われたのですが、もったいない、もったいない!(汚れちゃうじゃないですか)

ラフな格好にあわせて街で着ようと思います。



スポンサーサイト

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ON・YO・NE

なつかしいです。オンヨネ!
学生の頃、「上下黒のオンヨネ」にあこがれたものです(笑)
スキー場や大会でオンヨネ着てる人を見ると、うらやましかったんですよー!!!!いつかマイオンヨネを手に入れたいです!

Re: ON・YO・NE

えー、そうなんですか。
僕なんか沢山スキーウェア持っていますけど、
全部オンヨネですよ。(えへん!)
プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示