スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽札?

寒いですねー、相変わらず。
もっと寒くなるそうですよ。

先週は2回しか自転車通勤できませんでした。

最近電車をもう5回くらい使っていますが、電車通勤して
思うことは・・・楽ですね。
座っていれば着いちゃいますから(笑)

--------------------------------------------------------


僕は仕事柄、お金をキャッシュディスペンサーからおろす事は
まずありません。
銀行を使う時は、ほぼ入金のみです。

以前書きましたが、一度入金したときに、
「入金された紙幣は偽札の疑いがあります」とか何とかで、
口座に記帳されず、50ユーロ帰ってこなかったことがあります。

(紙幣に)しわが多くて機械が受け付けてくれない場合。
この場合は返却されるので、まだ救いがあります。
でも飲み込んで返さない・・・というのはねえ。

それ以来ナーバスになってしまい、偽札探知機を買おうか?
などと考えたことがありましたが、患者さんから頂いたお金を
目の前でチェックするなんて、失礼じゃないですか。 (と僕は思います)

------------------------------------------------------------------

知らず知らず、自宅に帰ってからお札をチェックする習慣がつきました。

ジャーン!
僕が偽札と判断した50ユーロ札。(上のお札)


DSC03046.jpg


アップしてみると違いが判ります。


DSC03047.jpg


明らかに右側の紙幣の「縁の幅」が広いでしょ??
こういう紙幣は以前の苦い経験があるので、銀行に入金しません。

---------------------------------------------------------------------

僕の患者さんでまさに「現金の入出金機」を作っている会社の方がおられます。
まさに偽札マフィアと日夜戦っている会社の方です。

見てもらったところ・・・、(さすが鑑定の仕方がプロでした!)。

(あっさりと)大丈夫じゃない?(あれ・・・?)

「透かし」や色々な偽造防止の為に入っている「もの」は大丈夫とのこと。
僕の指摘した「縁の部分」に関しては、紙幣を作る国によって
裁断ミスがかなり多くあるとのこと。

ドイツは少ないけどね・・・との事でした。
そうかぁ、確かに各国で紙幣を作っているわけだもんナー。

やっぱりこういう事するのはラテン系の国かしらん?
って勝手に決め付けてしまう僕でした。

でも・・・イタリアは印刷術が優れているって昔聞いたことがあるけど。
うーん・・・でも、刷る技術と切る技術は違うかも・・・。

僕が心配することではないのですが。

-------------------------------------------------------------------

年末は30日まで営業します。
来年は1月18日から営業します。


スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独28年(治療師歴28年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています。

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと解りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。