ホメオパシーの無料配布と新しいラーメン屋さん

ドイツは青空の晴天が続いています。
気温も14度Cあります。
朝はまだ0度C近くまで下がりますけど。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日曜日はRTF。早起きして110km走ろうと思ったのだけど、
膝が痛くなってきたのでコース変更。
情け無いけど70kmで戻ってきました。

タイムは2時間半弱だったので今シーズン初のRTFにしては足が良く
回っていたと思います。
冬でも通勤で走っているのが大きいかな。

今日のロードレーサーと冬に乗っているマウンテンバイク、シクロクロス
はペダルが違い、靴も違います。
つまり2足の靴を履き別けています。

前まで2足共同じメーカーの靴を使っていたのですが、
去年の秋から別のメーカーのに。

微妙にペダルの踏み味が違うんですよね。
それが今日の痛みの原因かなと考えてます。
来週大丈夫かしらん。

s-DSC03270.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本の医学会から袋叩きにあってしまったホメオパシーですが、
僕は必要であれば使うし、患者さんにお勧めしています。
もともとドイツ発祥のものですし。

ホメオパシージャパンが放射能に効果があるレメディを
無料で配布しています。
http://www.homoeopathy.co.jp/index.html

これは知人から教えてもらったのですが、電話で直接確認
したところ、ホメオパシーを理解している方に貰って
頂きたいとのこと。

一家族(家族3人)に対して、1瓶(20粒入の小瓶)を配布している
そうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金曜日に患者さんから新しいラーメン屋さんの話を聞きました。
これから食べに行くとのこと。
場所は治療院からもほど近い、カールシュタットの横の通り。

一閃(いっせん)というラーメン屋さん。
http://www.issen-ramen.de/


s-DSC03272.jpg


今日は休みなので実は僕もさっき食べに行きました。
ご飯物の定食メニューもあります。

僕はオーソドックスに中華そばと書いてあるものを注文。
単品なら7,5ユーロ。餃子付きなら9,5ユーロ。

餃子は塩気が強過ぎ。お醤油つけたら食べられません。
ラーメンはまあ食べられますが、何故ドイツで食べるラーメンは何処で食べても
全て同じ味になるんだろう?と不思議に思います。

料理長もサービスも全て中国人の方達でした。
餃子のことはお会計の時に話したのでシェフの耳に入っていると思います。

患者さんの情報では、焼きそばは美味しいそうですよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うさまろ。

ホントに何かくれんの?と少し懐疑的な目。


s-DSC03227.jpg


りんごも大好きなので釣ったらこんな感じ。
この一生懸命さが可愛いのです。


s-DSC03264.jpg

スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示