ドイツ-北バイエルンのブルベ 200km完走 (2011年)

この1週間ずーっと好天気が続きました。
今週も日中は15℃以上の予想。
本当に春ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日の土曜日はNordbayern(北バイエルン)の200kmのブルベに参加。
現地に一泊して今日の昼過ぎにフランクフルトに戻ってきました。

スタートは9時。
場所はフランクフルトから300kmの所。
車で3時間の距離なので今回は前泊せず余裕を見て4時半に家を出ました。

小さな村が自転車で埋まりました。
参加者は200名。
村の皆さんの声援を受けながら気温8℃の中をスタート。


s-DSC03275.jpg


3人乗りの自転車。
これちょっと反則じゃあないですかぁ?
車より速そう。


s-DSC03274.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は野田さんと一緒に参加。
過去のブルベで知り会った沢山の人達に会えて嬉しそうでした。
僕も大船に乗った気持ち。

ご機嫌の野田さん。


s-DSC03276.jpg


美しい所でした。
川の近くで生まれ育った僕には気持ちが和むコースでした。


s-DSC03281.jpg


バイエルンらしい畑の中の自転車道も多く設定。
こんな道は野田さんと並んで走りました。


s-DSC03286.jpg


今回走った地域を流れるaltmühl(アルトミュール)川。
鱒釣りで有名な川です。
昔一度来たことがありますが、夏は水草で川面が緑色になりとても綺麗です。


s-DSC03290.jpg


s-DSC03289.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12時間で完走。
野田さんと共に余裕のゴールです。

話しながら走ったり写真を撮ったりして楽しいブルベでした。
レースよりもこういう楽しみ方がメインになってきています。

ラストの2時間は気温4℃の中を夜間走行。
田舎の真っ暗闇の中を野田さんのライトを頼りに走りました。

やはり実際夜に走らないと判らないことが沢山ありますね。
野田さんには本当に助けて頂き、装備も勉強になりました。

今回はハンドルにフロントバックを取り付けて、たっぷりの食料と
濡れても冷えない下着を2枚準備。
日暮れ前にしっかり食べ、着替えたので体が冷えずゴールまで持ち堪えました。

この時期の長距離では何を着るかがテーマ。
まあウェアで悩むのも僕の楽しみの一つなんですが。

スタート直前まで悩み、気温と雨も考慮に入れて準備した上下3セットの中から判断。
最終的に選んだのが下段右の長袖。
12℃位には僕にピッタリのウェアです。

でも今回は上段の右か真ん中がベストだったかな。
思ったより気温が上がらなかったので。


s-DSC03151.jpg


春とはいえドイツではもう少し長袖を着る事になるでしょう。
ビジュアル的にも自転車乗りは、上は長袖、下はショートパンツ
というバランスが一番きれいに見えます。

他に持っている長袖はこんな感じ。


s-DSC03149.jpg


5月の初旬に300kmのブルベにトライする予定です。

スポンサーサイト

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

楽しかったですね!

お疲れ様でした。
やはりブルベは楽しいですね。今回のコースがまた良かった。
激坂あり、のんびりポタリングコースあり、ジェットコースター的下りあり・・・・良い配分です。
随分長い距離を引っ張っていただいたので楽に走れました。m(_ _)m
転んで小さな怪我をしていた女の子を助けたのは、さすがは石川先生!
次回からは小さな救急セットを持って走ろうと思います。

では、5月1日にケルンの300kmで。

本当に楽しかったですね

野田さんコメントありがとうございます。
いやぁー本当に楽しかったですよねー。あっという間の200kmでした。
こんなブルベを経験しちゃったらもう辞められませんよね。
耳までドップリです。
今週末も走りたいくらいです。(いいなぁー野田さん!)

ケルンの300kmも宜しくお願いします。

ブルベ、また走りたいなぁ。

お二人のブログを読んでいて、またブルベに行きたい気分にすごくなっているのですが、この春は全然チャンスなさそうなのが残念です。
5月になれば少し時間が出来るかもしれないのですが、その頃はもうブルベ世間は400キロなんですね。300キロ未経験の私にはちょっとハードル高く。

Re: ブルベ、また走りたいなぁ。

weingau さん、コメントありがとうございます。
そうですね。毎春、同じリズムでブルベは開催されるんですよね。
400kmはナイトランになるので、単純に200kmを2回走る
と考えてはいけない世界なんでしょうね。
僕も今年は4年に一度の大事な年なのに5月は忙しく、
400km参加への時間が取れそうにありません。残念です。
今回完走後に感じたのは、冬の間からの準備でした。
個人レベルのコンディショニングは当然として、それプラス
メンタル面の準備はもっと大事かなと。
今回はこのお陰で ”大満足” のブルベになりました。
お勤めの方は仕事のオーガナイズが大変でしょうが、
来年は是非一度ご一緒したいですね。
野田さんと3人で走れたら、本当に本当に楽しいと思います。
プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示