講習会2年目終了とジョギングシューズ

ドイツは良い天気が続いています。
今週は週の半ばに少し天気が崩れるようです。

昨日1週間の講習会が終わり、「デュッセルドルフ、19時9分発の
ICE929」でフランクフルトに帰ってきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今5年計画で通っている「オステオパシー」の学校、IFAO
大きな組織でドイツ全土で講習会を開いています。
今回は2年生最後の講習会。試験期間でした。

普通の講習会は木金土の3日間ですが、試験期間は6日間。
僕には今年上半期の最大のイベント。

初日の月曜日が試験。なんとか上手くいって、
めでたく3年目に進めることになりました。

去年の経験を踏まえて今年はしっかりと準備。

5月に入っての日曜日も、自転車に乗るのは12時までと決めて
午後は試験準備に当てました。

筆記試験は去年より10点アップ。
この1年でドイツ語力も少しアップしたと自分では思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6週間に一度講習会に通う街、ノイス。
ライン川を挟んでデュッセルドルフの隣に位置しています。

駅前は何も無いし、バス通りもトルコ人が経営するような、
訳の分からない店が並ぶ寂しい町。

考えてみればこの2年間ホテルと学校の往復だけ。
それ以外は何処も知りません。

初日に試験が終わったので、散策を兼ねて
この街でのジョギングに初トライ。

駅前からバス通りの反対側に5分も走ると閑静で
本当に綺麗な住宅地があってビックリ。

その裏側に小川が流れる森があり、その小川沿いを
沢山の人がジョギングしていました。

1週間の滞在で3回。毎回1時間ほど走りました。
今回はこのシューズで。


s-DSC03405.jpg


ジョギングシューズっぽくないところが気に入っています。
普段履きにもOKでしょ。

ナイキの「ルナグライド+2」2010年モデル。
クッションも良く綺麗なシューズです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

講習会の前に憂鬱だったのが、今回初めて3日間の
授業を受けるアンドレアスというオランダ人。
ちょうど1年前の試験期間の試験官。

他の講師達も全てそうですが、この学校の卒業生で
自分の治療院を経営しています。

冗談は全然言わないし、ちょっとコワモテ。
悪く言えば「悪人顔」。

口頭試験の試験官として、彼に厳しい質問を
受けたのであまり良い印象がなかったのです。

今回の3日間の授業のテーマは、骨盤、腰椎、股関節。

せっかく3日間連続の授業だからと、彼はこの三つの部分を分けず、
トータルに理論と実技を縦横無尽に展開。

僕は1年目の最初の授業からこの学校のレベルの高さ、
つまり講師陣達の専門知識の深さに舌を巻きました。

今回の三日間はこの2年間の白眉。
素晴らしーい、授業でした。

あっという間に過ぎた三日間。
超難しかったけど、楽しかったですねー。

講師の中には医者が何人もいますが、こんな授業はそうそう出来ません。
クラスの皆も同じ意見。
最後はスタンディングオベーション。

三日間一緒にいた訳ですが、決して意地の悪い男では
無かったです。
単純に見た目や状況で判断してはいけませんね。

6月中旬に彼が書いた本が上梓されるそうで、
僕もすぐ手に入れようと思います。
きっと素晴らしい参考書だと思います。

僕も彼のようになりたい。
もっと解剖学を深め、的確な診断と理論に裏付けされた
治療を展開したいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の日曜日は最高気温が23℃。
この天気の中、70分位ジョギングしてきました。


s-DSC03645.jpg


s-DSC03646.jpg


今日履いたのはこのシューズ。
アシックスのカヤノ。
クッションが良いので初心者向けとして有名なシューズです。


s-DSC03470.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


人気のうさまろ。
1週間会わなかったので。


s-DSC03642.jpg


もうしっかりアーモンドをねだりに来ました。

スポンサーサイト

theme : オステオパシー
genre : 心と身体

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示