イガイガボール

涼しい1週間でしたね。
自転車通勤中、何度も雨に降られました。
風邪をひかなくて良かったです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドイツでも買える「イガイガボール」
手や足の裏をグリグリしたりして使っている人も多いと思います。

スポーツショップで買いました。
2個入りで、6,95ユーロ。


s-DSC03863.jpg


空気を入れて硬さを調節出来るタイプ。
この状態だと柔らかいので少し硬くしたほうが良いでしょう。

僕も寝る前のストレッチで使います。
特に背中が良い感じです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

場所は気持ち良いところなら何処でも良いのです。
僕は主に3ヶ所。

心臓の裏側。背骨と肩甲骨の間。
暑い季節(寒い季節にも)にはこの辺、特に左側が凝ります。


s-DSC03865.jpg


胃のツボです。


s-DSC03864.jpg


もちろん腰も。大腸のツボでもあります。


s-DSC03866.jpg


上記の3枚の写真は判りやすいようにうつ伏せにしています。
誰かにゴリゴリやってもらうならこの姿勢で。

一人でやるときは絨毯の上にボールを置き、その上に寝転がります。


s-DSC03867.jpg


気持ち良いところにボールが当たっていれば良いです。
でも首はあまり強くやらない方が良いと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕が必ずやるのが肩甲骨の上の部分。
少し窪みがあるところ。


s-DSC03869.jpg


肘を90度に曲げて、手をワイパーのように動かすときに使う筋肉郡が
ここにあります。


s-DSC03870.jpg


この場所にボールを当てて片側ずつ。
凝っている人は、超!痛いかもしれませんが、我慢出来れば
ゴリゴリやっても大丈夫なところです。


s-DSC03868.jpg


僕も枕を入れてこのようにやっています。
つぼでいうと「小腸」ですが、心臓に効くところ。
肩こり、頭痛、不眠、何にでも効果があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕が長年自宅で使っているイガイガボール。


s-DSC03884.jpg


最近当たりがおかしいなぁと思ったら、イガイガの先が
丸くなっていました。
うさまろが「かじった」ようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気のうさまろ。


s-DSC03881.jpg


庭で落ちてた青いリンゴ。
丸いと食べ方が判らないらしく、りんごの下に頭を入れてきました。

スポンサーサイト

theme : 健康第一
genre : 心と身体

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示