ドイツの善玉腸内菌

ドイツは良い天気が続いています。
朝は2℃、日中は8℃くらい。
青空で気持ち良いです。

----------------------------------------------

先々週のノイスでのオステオパシ-講習会。
2日目の夜に中華を食べたら、油が悪かったのか、
気持ち悪くなってしまいました。

まあでもあと一日だし・・・と土曜日の授業に臨みました。

ところがこの日の授業が内臓の治療。
おまけにテーマが胆のうと胃。

弱っている胆のうと胃を、複数のクラスメートから治療を
受ける事に。治療自体は悪くないんですけど。

繰り返し受ける治療が強過ぎたのでしよう。
後半から気持ちが悪くなってきました。

帰宅後も良くならず、翌日の日曜日、月曜日まで
引きずり、貴重な週末がつぶれてしまいました。

良い天気の中を走れたのに残念。
やはり外食は気をつけないと駄目ですねぇ。

今週は完全回復。
昨日は15kmをキロ5分のぺースで楽に走れました。
マラソン完走後、気のせいか速くなった気がします。

-------------------------------------------------

腸の中がきれいな人は、「お肌もきれい」なことは、
皆さんもご存知だと思います。

乳酸菌やビフィズス菌が、腸の働きを高め、体に良いことを
ほとんどの日本人は知っています。

腸内環境向上の一番の効果は、「免疫力」が高まること。
つまり抵抗力が高まり、風邪をひきにくくなります。

10月30日のマラソンの為に6月から走り始めたことは
前に書きました。

マラソンといっても趣味の世界。
普段、大多数の皆さんは猛烈に仕事をしています。

季節は晩秋。
気温も下がり仕事の疲れが取れにくくなってきます。

練習で体を絞りきっているから、体脂肪も低くなってきて
抵抗力が落ち、風邪をひきやすくなります。

最後は少しずつ練習量を落としていって、本番当日に実力を
100%発揮できるように調整するわけですが、大事なのは
最後まで風邪を引かないことだと思っていました。

----------------------------------------------

乳酸菌のサプリメントです。
マラソンの1ヶ月前から飲んでました。

上記の理由で、6月からの練習を無駄にしないように、
腸内環境を整えて抵抗力を高めようと、買い物を
お願いして準備していたのです。


sDSC04256.jpg


1ヶ月分、スティックシュガー状の袋が30本。
お試し価格で送料込みの1900円。
ブルーベリー風味で美味しいです。お水無しで飲めます。

「乳酸菌サプリメント口コミ比較ランキング」というサイトで
見つけました。

よく言われるのが、乳酸菌を取っても、胃の中の「胃酸」
で死んでしまい、生きたまま腸まで届かないのでは?

さすがこれらの製品はその辺を考えて作られているようで、
胃酸から守られて腸まで届くようです。

ある患者さんに聞きましたが、死んだ乳酸菌でも腸を通ることで
免疫力を高める効果があるという実験結果もあるそうです。

実際、カルピスには殺菌された乳酸菌が含まれています。

意外にもドイツの食品では、ザワークラウトに乳酸菌が
含まれているし、これまたキムチにも。

----------------------------------------------

日本のサプリメントをドイツで常時手に入れるのは大変なので、
それに近いものを探してみました。


DSC04218.jpg


以前紹介した、インターネット・アポテケのべザマックス besamax 
買いました。20粒入りで20ユーロ以下で買えます。

「要冷蔵」になっています。
「ナマモノ」なんでしょうか。

説明書を読むと結構大げさに(腸の治療薬的として)書いていますが、
今回一箱、毎日一錠飲んだ限りでは日本の製品と変わらない感じです。

もともと便秘には無縁の男だし、肌の荒れも気にならないので。

----------------------------------------------

人気のうさまろ。


sDSC04261.jpg


昼間は寝ています。

スポンサーサイト

theme : 美と健康!
genre : 心と身体

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示