フランクフルトから鳥取

今日は素晴らしい天気でした。
晴天、気温は4℃。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

水曜日に日本から戻りました。
暖かいですねー。
タクシーの運ちゃんもぼやいてたけど。

金曜日、土曜日と仕事をして、日曜日、月曜日は休みます。
これで何時ものペースに戻れると思います。

日曜日、午後2時。
走るしかない天気でしょ。
寒いけど乾燥しているので気持ちが良かったです。


DSC04489_20120129210328.jpg


14kmを1時間20分くらいで。
2時間走るつもりだったけど、水を持つのを忘れました。

自分の感覚ではキロ6分で走っているのだけど、GPS時計を見ると
キロ5分半で走れています。
それもかなり楽に。

タイムでこんなに違いがでていて驚いています。
これも鳥取のワールドウィングで歩き方、走り方を習ってきたからです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月28日の弊ブログでお知らせした1月5日からの3泊4日の合宿。
楽しかったです。勉強になりました。

前日から姫路経由で鳥取入り。
当日は9時半にセンター集合。
宿泊は隣接しているホテルユニオンプラザ。

今回の陸上合宿には、9人の参加。
中学生の女子2人、高校生の男子3人、女子1人、社会人が3人。

中学生の1人は県でハードル2位の選手。
もう1人は東京の町田から。
学校の部活でバスケットボールをしています。

高校生は同じく町田から2人。1人はバトミントン選手。
地元の陸上選手が1人、種目は800m。

後の1人は既にU―19の日本代表で、なでしこジャパン入り
目前の女子サッカー選手。
将来はイギリスとドイツでプレイしたいそうです。

社会人の2人は陸上の短距離を趣味で続けている30代の方々。
福岡と鎌倉からの参加。

鎌倉からのKさんは今回で10回目の参加。
もちろん僕が最年長です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10時から1時間半、ここのスペシャルマシンでトレーニング。
お昼ご飯を隣接のホテルで食べ、部屋で昼寝(笑)

14時からまたマシンでトレーニング。1時間弱。
場所を陸上競技場に移して、歩きと走りのトレーニング。

17時過ぎにトレーニングセンターに帰ってきて、18時まで
マシンでトレーニング。

4日間コーチが2人付いてこんな感じ。
まさしく合宿。ぼくにとっては贅沢な時間でした。

入り口から見るとこんな感じの施設。


sDSC04477.jpg


ここは一般のメンバーがトレーニングする場所で、
合宿参加者、競技選手達はスペシャルマシンが揃っている
奥の部屋でトレーニングします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このトレーニングセンターの特色は、初動負荷理論の基づいて開発された
マシンとビモロシューズ

僕も合宿初日に一足購入。
歩きやすいんですよ。


s014.jpg


ソールに秘密があります。


s028.jpg


最終日にもう一足、白いメッシュタイプのビモロシューズを購入。
今回あわせて4足も買ってしまいました。


s026.jpg


我々がトレーニングに使用したマシンは説明不可能。(写真撮影も禁止)
小山先生の理論から開発、特許を取ったスペシャルマシン。

イチロー選手も渡米前はここでトレーニング。
シアトルの球場と自宅にこのマシンが置いてあります。

以前、茂木健一郎の番組でシアトルのイチロー選手を訪ねた回が
あり、その時これらのマシンをTVで見て興味を持っていました。

マシンの動きが我々がリハビリで使う動きと同じなので、
「だから筋肉が(引退した清原選手みたいに)太くならないんだ」
と感心していました。

このマシン、僕の知識から見れば、PNFとPIRの合同マシン。
それに、「プラスα」の秘密がカムボックスの中にあるのですが、
コーチに質問したけど答えてもらえませんでした。

他の施設、トレーニングと違うところは、ストレッチ、ウォームアップ
無しにこのマシンで最初からトレーニングを始めること。

その番組でもイチロー選手は、
「これやった後すぐに全力で遠投できるんですょ」
と話していたことを体験できました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

奥では高校野球の選手達、プロ野球選手、Jリーガー達が
我々と同じトレーニングをしています。
皆さんとても礼儀正しいです。

野球は詳しくないので誰が誰だか判らないのだけど、こんな選手達
が来ていたようです。
有名選手なんでしょうね、皆さん 。きっと。


sDSC04475.jpg


sDSC04476.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最初の3日間は雪の為、室内練習場で練習。
最終日にやっと晴れて陸上競技場へ。
近くに湖山池、遠くに日本海が見えます。


sDSC04478.jpg


これらの施設は無料で市民に開放しているそうです。
地元出身のコーチの方が、鳥取は恵まれているんですよと
話していました。


sDSC04480.jpg


グランドに降りてビモロシューズに履き替えます。
隣ではプロ野球の選手達がキャッチボールをしています。
プロの投げるボールは近くで見ると凄いです。


sDSC04483.jpg


グランドの周りには南天の木が。


sDSC04481.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回参加した「初動負荷理論トレーニング」の体験合宿。
HPには合宿の目的を以下のように説明しています。


「初動負荷理論、初動負荷マシーン・トレーニングにより、神経筋機能(反射)、
神経筋協応能(神経と筋、関節、靭帯等の調和を取る)を高め、柔軟な身体、
ストレス除去等、身体機能を高めることをベースに置きながら、実際の動き作り、
故障改善を行うことが特徴です。」


参加するにあたって別に競技選手である必要はないのです。
個人のレベルにあわせて指導してくれますから。
競技場のトラックでも自分のレベルで走れば良いのです。

中学校の部活レベルから脳卒中、脳血管障害後リハビリ、
プロ野球選手、僕のような最近走り始めた人間まで。

スポーツの種目は問いません。
全てに歩く、走る、そして上半身の動きがあるのですから。

鳥取までわざわざ行って参加する価値大です。
お勧めします。

今回の体験をドイツの患者さんたちにフィードバックできる事を
嬉しく思います。

また来年参加して一から勉強したいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スポーツアパレルメーカーのオンヨネさんから今回の合宿の為に
用意して頂いたトレーニングウェアとアウターのジャケット。

契約しているプロ野球選手達が着ているのと同じものです。


DSC_0133.jpg


軽くてデザインも良く、高性能なウェアです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気のうさまろ。


s024.jpg


「ねえねえ何か頂戴よー」のポーズ。

スポンサーサイト

theme : ジョギング・ランニング
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独28年(治療師歴28年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています。

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと解りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示