足湯の箱

1月11日

日中でも気温マイナス3度。
今週はずーっと真冬日でした。
日陰の雪も氷も溶けません。

朝ですか?
1月7日の水曜日は早朝でマイナス16度。
空気が痛かったですね。
次の日のマイナス8度が暖かく感じました。

---------------------------------------

今日のお勧めは「足湯」に使う、プラスチックの箱です。

小さなお子さんをお持ちのお母さんなんか、ついついシャワーだけで済ませがち。
お昼の少しの時間を使って体を温めましょう。
忙しい方は週末に試してみてはいかがですか。

足湯の為にバスタブ全部にお湯を張るのは不経済ですよね。
故にこんな簡単な箱を用意します。

このオレンジ色の箱、深さが33cmあります。
ホームセンターで5ユーロ以下で買えます。
浅いタイプの箱(青い方。2ユーロ位)を間違って買わないこと。


DSC00969.jpg



1)お風呂場を暖めておきます。

2)椅子と時間を無駄にしないために何か読むものを用意します。

3)寒がりの方は肩にかける毛布を用意してください。

4)ショートパンツに履き替えるか、ズボンの裾を膝上まで上げます。


この箱をバスタブの中に縦に入れます。

シャワーの蛇口で温めのお湯を入れます。最初は半分くらい入れます。

バスタブの横に椅子を持ってきて座り、両足をお湯に入れます。
(写真は絨毯の上ですが、実際はこの箱がバスタブの中。椅子はバスタブの横に来ます)


DSC00967.jpg


お湯の温度に慣れてきたら少しづつ注し湯をしていき、けっこう熱い位まで。

最後はお湯があふれるくらいまで入れます。膝の下に大事な胃のつぼがある為です。

全部で20~30分ほどが適当です。

背中に軽く汗を感じるくらいでちょうど良いでしょう。

その後はいつもより多めに水分を補給して下さい。


特に「冷え性」、そして「胃の調子が悪い方」に効果的なのでお勧めです。
終日体がホカホカしますよ。


スポンサーサイト

theme : 健康第一
genre : 心と身体

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示