フランクフルトマラソン完走 大満足

本番当日の天気。
走ってみれば気持ちの良い天気でした。


sDSC05066.jpg


ボランティアの皆さん、応援の皆さん、寒かったでしょう。
本当にお疲れ様でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キーンと冷えた空気の中をバスでリードベルグまで出て、
Kさんの住むニーダーウアゼル経由の電車に乗る。


sDSC05071.jpg


去年に引き続きテーピングの依頼があったので
Kさんと電車の中で待ち合わせ。

会場に到着後すぐにKさんの膝に(伸縮する)キネシオテープの
、テーピング。予防の為です。

フルマラソン初出場のIさんにも足首のテープ。

Kさんはベストタイム更新、Iさんも4時間30分代のタイムで完走。
お二人共に素晴らしいです。

おめでとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マラソンの時の朝食はお餅。
スタートまでに7個食べる必要がある。

7時にお餅を4個、移動中の電車の中で2個食べる。
最後の1個はゴール予定タイムの5時間前。

約4時間かかるとしてスタートの1時間前に
最後の1個を食べる。

前日の夜から今朝までカフェインはタブー。
珈琲も紅茶も我慢。

患者さんから戴いた「OS1」にアミノ酸の粉末を入れて
飲み続ける。

起床はスタート時間の4時間前の6時。
軽く準備をしてから自分の足のテーピング。

残念ながら痛みが引かずホワイトテープで固定することにした。
邪道だとも思った。

マラソンという競技はテープまでして出るスポーツでは
無いのではないか。走れなかったら休むべきじゃないのかと。

ラグビーのようなスポーツとは違うので。

真っ直ぐにただ走るという「常に同じストレス」のかかる
マラソン競技にはテープは無駄ではないか?

必ず歪みがきて何処かに痛みが出るのは判っているから。


sDSC_0902.jpg


帰ってきてからの写真だが。

でもやはりテープをして走って良かったです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕のリザルトはこれ。
明日になればビデオがアップされるはず。

僕の治療院の前がマラソン13km地点。
もしもの為に治療院の鍵を持ってスタート。

痛みが酷くて駄目なら治療院に飛び込んでリタイアの予定。
治療院で着替えて帰るつもり。

抑えめに走っているので軽い違和感はあるが思ったより走れる。

10kmでアミノ酸補給。

13km通過。足は大丈夫。

15km通過。エナジージェルを補給。
水に溶かしてるから飲みやすい。足も大丈夫。

無理せずに走っているのだが、GPS時計ではキロ5分40秒くらい。
悪くない。

足の問題が無くても、このペースで走りたかったんだよ。

17km地点で「今日は4時間切れる」と確信。

いやいや、3時間45分くらいで行けちゃうんじゃないの?

すげー、「Eさんに何て報告しようかしらん」と一瞬考えた。

が後でリザルト見たらそのタイムはまだ無理だったよう(笑)

実際は25kmまではこのペースで抑えて走れているので
(4時間切りは)不可能でもなかった。

はいはい。
でもやはり来ましたねー。

30km手前で左足の違和感。
そろそろペースを上げようかと思った途端に来た。

でもこれは想定済み。
右足を固めていればこうなるのは判っていた。

想定外は32kmから。
ドガーンっときた。

もうホント駄目。凄っい痛み。
あと残り10kmかぁ。

歩きたかったが給水所以外は痛みに耐えながら走る。
市内に入ってからは痛みがもっと酷くなる。

ラスト5km。追い越されっぱなし。
僕が追い越すのは歩いている人達だけ。

歩きたかったよ、僕も。

でも歩いても走っても痛みは同じなので走ったよ。
応援の人達が沿道に沢山いるし。

ゴール前数百m、メッセタワー前の直線。
ラストスパートしたかったがムリムリ。

それどころか太腿の内転筋に痙攣が両足同時にきた。
激痛でめまいが一瞬きたくらい。

痛みで倒れるかと思ったが踏ん張って走り続ける。

フェストハレ内のゴール。
頭上の表示タイムを見たら、4時間35分。

途中で2回もGPS時計がサテライトを失い、正確な時間が取れず
自分が何分で走っているか判らなくなっていた。

4時間35分はエリートランナーがスタートしてからのタイム。
僕がスタートしたのは彼らの10分以上後から。

帰宅後Iさんに電話で4時間22分30秒のネットタイムを教えて戴き、
大喜びした次第です。

この足でこのタイムは大満足。

ゴール前の写真。
http://www.marathon-photos.com/scripts/index.py
こういうイベントには沢山のカメラマンがいて撮ってくれる。

28 Oktober の「 BMW Frankfurut Marathon」
をクリックして名前を入れば全参加者の写真が見れます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

30km以降、ペースがキロ6分台から7分台へ落ちていく。
何度も目標タイムの下方修正を強いられる。

足が痛くて動かないのが情けなかった。
きっと片足を引きずりながら走っていたのではないか。

1週間前からのコンディショニング調整は自分の専門分野でもあるし、
循環器系はバッチリ。

レース中に取る補給食の準備、バランス、タイミングも最高。

オリンピック選手並の準備だったと自負している。
(岩本さんの本の受け売りだが、、)

問題は自分の体の手入れだったよなぁ。

自分の体の状態は判っていた。

そうすると練習の疲労が溜まった時にどういう問題が
でるかも判っていた。

いつかこの問題が出るのも判っていた。

でもまさか本番直前で出るとは、、。

治療を後回しにしてきた自分の責任です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

苦しかった。

でも楽しかった。本当に楽しかった。

いや「楽しさ」より、もう一段深い充実感。

それは、リタイアの可能性が高かったのに参加したこと。

以前の僕なら、
怪我も含めて調整失敗したらスタートしてないですもん。

パフォーマンスを100%発揮出来無い事が判っているのに、
参加するなんてカッコ悪いと思っていた。

マラソンに固定テープは合わないと思っている。今でも。

それでもテープをして、リタイア覚悟でスタートした事が
この秋一番の収穫。

一つ自分の殻を破れたようで嬉しいのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

帰りは一つ前の駅で下車。
家まで少し歩く。

というか歩けるかのチェック(笑)


sDSC05083.jpg


大丈夫だった。

17kmの麦畑コースを走りに行くと、最後はこの辺の道を戻ってきます。


sDSC05084_20121029054654.jpg


s2012-10-28 18.03.52


sDSC05087.jpg


sDSC05081.jpg


僕の住む町、カールバッハ。


s2012-10-28 18.14.34


sDSC05091.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気のうさまろ。


sDSC_0897_20121029054655.jpg


おかえりー、大丈夫?

スポンサーサイト

theme : マラソン
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

完走おめでとうございます&お疲れ様でした

昨日は極寒でしたが青空が広がり気持ちの良いレースでしたね。
足の痛みに負けず、精神力で駆け抜けた、、凄いです!
私は15kmで一度トイレに(やっぱり)行ってしまって
30km以降はとにかく足が重く苦しかった。あの橋~。
35kmでペーサーさんに抜かれて、
最後まで追いつけず、、、ToT
でもラスト2kmはペースアップできて、最後まで歩かず止まらず
走り切れたことは自信に繋がりました。
4:31:15 やはり私にはトイレが課題です(笑)。
お疲れ様でした~。


Re: 完走おめでとうございます&お疲れ様でした

かんなずきさん、本当に気持ちの良い天気でしたね。
それにしても素晴らしいタイムじゃないですかぁ。おめでとうございます。
「歩かず止まらず」は素晴らしいです。それをフルマラソンで実行した人にしか
判らない達成感・充実感ですよね。僕は止まってしまいましたから。
=あの橋
そうあの橋ねぇ。走った人でないと判らないですよね、あの橋。
初参加の去年は何とも感じなかった市内の「Alte Brücke」。今年はあれ?って感じで
キツく感じましたね。逆にヘキストの鉄道の高架の登りは何とも感じなかったです。
不思議なものです。全体的には30kmまではとても短く感じました。
トイレの課題は前日からの水分補給に問題があるかもしれませんね。
この本読まれているかもしれませんがお薦めです。
http://www.amazon.co.jp/非常識マラソンマネジメント-レース直前24時間で30分速くなる!-ソフトバンク新書-岩本-能史/dp/4797366486/ref=pd_sim_b_8
そのうちランナーズ会で「お疲れさん会」があると思います。
宜しかったら御主人と一緒にいらっしゃいませんか。友達が増えると心強いかもしれません。
次に走るのは「フランクフルト・ハーフマラソン」でしょうか。
少し休んでからまたお互いに頑張りましょうね。お疲れ様でした。

No title

お疲れ様でした~!ヽ(^o^)丿
痛い足で完走おめでとうございます、ホントにすごいです!

石川さんに力を貰ったので、来週のハーフマラソンは完走します!

Re: No title

佐野さん、ありがとうございます。
大丈夫、佐野さんなら完走できますよ。
ドイツから応援しています。

感謝

頭蓋仙骨療法から代謝も良くなりレース当日ギリギリでBMI25台になりました。まだまだメタボの域は脱していませんが、何とかイーブンペースで走り切る事が出来ました。これから少しづつ体重減らしせめてBMI22位までになりたいです。今後もよろしくお願いします。

Re: 感謝

Lauf76さん、コメントありがとうございます。
リザルト拝見。ドンピシャのイーブンですね、恐れ入りました。
僕も何時かそういう走りをしたいです。
これからも宜しくお願いします。
プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独28年(治療師歴28年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています。

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと解りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示