クラニオセイクラル・セラピー 上顎骨

まだ朝は寒いですね。


sDSC_1114.jpg


昼間は暖かくなるので帰りはショートパンツです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日の日曜日は「ダブルヘッダー」。

昼間にFさんと待ち合わせてポタ予定。
故に8時からランニング。何時ものコースを。

10℃。走り始めは少し寒かったけど。


sDSC05277.jpg


サイクリストが多かったな。
特にマウンテンバイカー。


sDSC05282.jpg


タウヌスに向かう人達がほとんど。
この時間帯ランナーは少なめ。


sDSC05283.jpg


乗馬してる人も多い(この辺はフランクフルトでも多い所)
ここを走ると必ず見かけるね。


sDSC05285.jpg


「おはよー」って馬上から声かけられたな、すれ違った時に。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年もHさんから頂きました「行者にんにく」。


sDSC05262.jpg


ドイツ語で「Bärlauch」。
市の森、Neu-Isenburg の手前に群生しているそう。

刻んで餃子に入れても、ごま油で炒めてもOK。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

土曜日まで3日間ノイスでオステオパシーの講習会。

頚椎とクラニオセイクラルセラピーが2日間。
3日目は終日「腎臓と膀胱」の病理。

がっつり勉強して来ました。
充実の3日間。

最近授業受けるのが楽しい。

6月で4年目も終わるが、この気持と理解力が
1年目から欲しかったよ。

帰りのICE。
運転手の後ろのイッチバン前の席だった。(こんな席予約したっけ?)


sDSC05263.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

クラニオセイクラルセラピー。

前回の授業は「上顎骨(上アゴ)」をがっつり。


口の中を下から見ると。


s2013-04-18 15.28.47


「上顎骨(じょうがくこつ)」と「口蓋骨(こうがいこつ)」。

両奥歯を結ぶ線上に割れ目。
この割れ目の下(歯の付いている側)が「上顎骨(じょうがくこつ)」

その上、喉の奥の方に位置するのが「口蓋骨(こうがいこつ)」
(口蓋骨には歯が付かない)

そして縦に「割れ目」が入り4つに別れる。

上に乗せている骨は蝶(ちょう)みたいな形なので、
「蝶形骨(ちょうけいこつ)」。

この蝶形骨の(見えない)反対側に凹みがあり、
この凹みに「下垂体(かすいたい)」が位置。

「下垂体」はホルモンを分泌するところ。

妊娠に関係するものなど多くのホルモンが分泌される。

これらのホルモンが素早く体内に運ばれるように、この辺りは
静脈が発達している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

で治療は?というとゴム手をして指を上アゴに押し当てる形で。

(緑色の物は骨を固定させておくための粘土)


sDSC_1116.jpg


右手の指を口蓋に入れ左手は蝶形骨(こめかみ)を左右から
押さえる形で。

「蝶形骨」と「口蓋骨」のズレを矯正します。

興味深いのが、この「口蓋骨(こうがいこつ)」。

眼窩(目玉が入る凹み)を構成している7つの骨のうちの一つ。
(面積的には一番少ないが)

パズルの「最後のピース」的な役目だそう。

後ろから見ると「口蓋骨」はペアで三角形を形成。

蝶形骨と鼻腔をつなぐ神経、血管の通路になるので
鼻にも影響が大きい。

思っている以上に顎(アゴ)は脳に近いのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の授業は上記の延長で、左の「鋤骨(じょこつ)」と
右の「篩骨(しこつ)」がテーマ。


sDSC_1118.jpg


左の骨は鼻の穴の左右を分ける下の方の骨。
薄いので周りの骨の影響で変形しているそう。

右側は鼻からの「臭い」の情報が脳に行く途中に通る骨。
故に細い穴が縦に40近くも空いている。

二つの骨がこの状態で「鼻中隔」を形成。


sDSC_1119.jpg


右手親指のヌルッとした部分が、眼窩の内側を構成。

つまりここに目玉が乗る訳だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

で、この「篩骨(しこつ)」は「蝶形骨(ちょうけいこつ)」
と後面で結合している。


sDSC_1120.jpg


手前の影になっている凹みが「こめかみ」の部分。

「上顎骨(じょうがくこつ)」「篩骨(しこつ)」
「蝶形骨(ちょうけいこつ)」と組んだ所。


sDSC_1126.jpg


3つの骨を結合させると少し顔の形が想像できますね。

故に「上アゴ」からのアプローチで鼻腔周辺、眼窩に
影響を与えることが可能。

鼻の嗅覚の問題、鼻炎、副鼻腔炎、喘息、アレルギー。

脳硬膜の緊張からの頭痛、「眼の奥の痛み」

「涙腺」「緑内障」「白内障」にも適応。

上顎関節の奥にある「唾液腺」も直接刺激可能。
(口腔内がすぐ乾く人などに)

医者に行っても解決しない慢性的な症状が、実は事故や
出産時に損傷した「鼻腔」の問題が原因になっていることが
多いのではないか。

僕も小さい頃から鼻が悪いのだが、(隣のフィリップもそうらしい)
授業でお互いに治療しあうと、

「なんか良いじゃん!」って(笑)感じになるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

午後のポタリング。

ニダ川沿いにバッドヴィルベル方面へ。

sDSC05288.jpg


本当はKさんお薦めの、Dottenfelderhof という有名な農園での
食事が楽しみだったのだが、「貸し切り」の為食事出来ず。

でも親切に営業中のレストランを教えてくれた。


sDSC05286.jpg


この橋のすぐ手前。

白く大きくて窓枠が青い建物。
カルチャーセンターの一階。映画館も入っている。

音楽学校も入っているそう。

中庭のテラスで食事。満席。

我々以外にもマウンテンバイカーが数人いたな。

ドレスデン産のビールを頼んだ後に僕はパスタを注文。
ソースが絶品で「赤ワイン」を頼めば良かったと後悔(笑)。

その後、ケーキと珈琲。

サービスの人達も感じが良い。

客層も良くて大声で話す人など皆無。
(こういう店は大事にしたいね)

この辺のドイツ的な常識がクリアーな人はOK。

話に夢中になって周りに気遣いの出来ない人、酒が入ると
声が大きくなる人は行かないほうが良いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気のうさまろ。


sDSC_1111.jpg


居心地のいい場所を見つけたらしい。
スポンサーサイト

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

comment

管理者にだけメッセージを送る

石川さんこんにちは、こちらはもう昼間走るのはツライぐらいの気温です。
自転車が一番気持ちいい季節になりました。
いつ見ても気持ちのいい景色に「こんなところを走ってみたいなー」などとおもってます

いつになっても勉強を続けておられる姿、スゴイです。
石川さんのブログを読むといろいろ刺激をもらえるのでありがとうです!

Re: タイトルなし

お疲れ様です。
やっとテラスで食事出来る天気になりました。

いえいえ。まだまだ未熟なもので。
この世界に入る時「職人は死ぬまで勉強」と決めました。
プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独28年(治療師歴28年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています。

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと解りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示