フランクフルトの自転車レース25km地点

今週も不安定。


sDSC_1146_20130501230514.jpg


5月9日も祭日なので6日の月曜日は仕事をします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年のドイツは冬が長かったな。

日曜日、月曜日に走った何時ものコース。
1週間で景色が変わっていた。


sDSC_1132.jpg


例年より2週間以上遅れてる感じ。


sDSC_1134.jpg


ドイツ最高の季節がもうすぐ。


sDSC_1137.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎年5月1日はフランクフルトで自転車レースが開催。

コースの25km地点は家から100m。
毎日通勤で走る道。


sDSC_1144.jpg



アマチュア部門(104km)の動画。


プロ(200km)の動画。

逃げているトップグループ。

70秒後の後続集団。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1962年に始まったこの大会。

長く「ヘニンガービール」がスポンサー。
この会社の前がゴールになっていた。

数年前に会社が倒産。
新しいスポンサーが付き歴史は守られた。

70年代の優勝者の顔ぶれに世界チャンピオンが3人も。
(メルクス、マールテンス、クネットマン)

「ジロ・デ・イタリア」で常に活躍していた
1980年優勝のバロンケリ(ビアンキ)。

同年イノーに次いで世界選手権で2位に入ったイタリア人。

その後の優勝者の顔ぶれも「ツール・ド・フランス」で
大活躍する選手がゴロゴロ。

当時は超一流選手が集まる大会だった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お土産頂きましたー。
サプライズで。

日本から帰国されたStさんから。

この雑誌は読みたかったのだ。


sDSC05299.jpg


fbで田舎の友達が紹介してた。

しかし日本は自転車ブームなんだな。

表紙の自転車は「ケルビム」のカスタム自転車。

これを作った今野氏はケルビム2代目の当主。
(伯父さんも「三連勝」というブランドのビルダー)

今や押しも押されぬ日本のトップビルダーです。

初代の作ったフレームを1台持ってた。
シャンパン色の綺麗なやつ。

30年以上も昔の話し。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

帰任が決まったNさんから頂きました。
ありがとうございます。

読書家のNさんご夫妻。
200冊近い本。

sDSC05298.jpg


s2013-04-27 20.01.19


夫人雑誌も手提げ袋2つ分。
待合室に置かせていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

沢山戴いた中で真っ先に読むのはこれ!


sDSC_1124.jpg


この前までTVでやっていたやつ。
面白かったよ、瑛太くんと松田 龍平くん。

と思ったが(笑)、実際読み始めたのがこれ。


sDSC_1143.jpg


銀行が舞台。

7作品ほどしか読んでないが、元銀行員の池井戸潤さんの
作品は面白いぞ。

期待通り、嫌な銀行員が出てくる(笑)。

勧善懲悪。最後はスッキリ。

銀行に明るい未来が!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気のうさまろ。


sDSC_1087.jpg


日向ぼっこ。
スポンサーサイト

theme : 自転車レース
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示