フランクフルトマラソン 途中棄権

sDSC_1368.jpg


今日から冬時間。
火曜日から寒くなりそう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フランクマラソン終了。

駄目だった。
失敗レースだった。

予報が当たり、雨模様の中をスタート。
途中10km地点から降ったり止んだりの天気。

悪条件だからこそ予定通りのタイムを出して、
現在の実力を証明したかったが。

薄着による冷えから30km過ぎに失速、35kmで棄権。

心残りのレースだった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

記録が出ています。

最初の入り、5km、10kmは29分(キロ5分50秒)。
これは予定通り。

15km、20kmは28分で入る予定(キロ5分38秒)が、
ここでも約29分になってるな。

その後は5分半(キロ5分30秒)で走る予定だった。

「ネガティブスプリット」。

ゆっくり入って後半タイムを上げていくという、
現在のマラソン界の世界的な傾向。

今日は既に20km地点で約2分半遅れ。
この時点で目標(4時間)は達成できなかった事になるか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その日の体調などによって、レース途中に
「今日は駄目だな」なんてよくある事。

(自分の体と会話しながら)ペースを修正し、その日の
ベストを尽くすのがマラソンだと思う。

一流選手でも毎回ベストタイムを出せる訳ではない。
棄権する時もある。

今日の30km過ぎにキロ6分半にペースが落ちた時も、
(このままでも)「4時間半」で行けると考えた。

最後まで走り切るつもりだった。

でも本当に駄目だった。

寒さから筋肉が全然動かなくなった。

今も過去に経験したこと無いぐらいの筋肉痛だし。
(明日たぶん歩けねーよ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

去年のレースのように「ドッカーン」っと、
痛みがきたわけでは無い。

1週間前の山下り(トレラン)。

捻った覚えは無いのだけど、膝下の筋肉痛が取れたら
足首の靭帯損傷が発覚(涙)。

でもその後の毎日のリハビリと治療、テープが功を奏した。

幾ばくかの不安はあったが、
今日の走りに怪我の影響は無かった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

予想最高気温(17℃)を甘く観ていた。

油断です。

雨に濡れて足が冷えた。
(ワセリンをベットリ塗って走ったんだけど)

もっと暑くなると思ったが、体感気温はかなり低く、
終始寒く感じていた。

僕はこういう湿った寒さに弱いんだな。
足の筋肉が全然上がらなくなったもの。

(蒸れない、オンヨネのレインウェアを腰に巻いて
持って行ったので、上半身は快適だったけど)

膝下までの2/3パンツを履かず、ショートパンツで
出場したのが失敗の原因。

この気温と湿度は僕の運動量(スピード)には寒すぎた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本当は歩きたくなかった。
(恥ずかしかったし)

呼吸はずーっと楽だったのだが。

市内に入る前(ゴール7km前地点)でコースを外れ、
近道してスタート地点に向かう時は情けなかったぜ。

これもレースのうちか、、。
残酷だよなぁマラソンは(自分が悪いのだが)。

4時間切ったら、自分へのご褒美に「トゥルーレリジョン」の
ジーンズ買おうと思っていたが、、。

でもやっぱり前祝いで買っちゃおうかしらーン(笑)。

先程ネットで来年のマラソン参加を済ませました(当然!)。
(フランクフルトで15人目の申し込み)

来年はゼッケン1101番で走ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先週の日曜日。
森の中を走ったトレイルランニング(トレラン)。

特に夏のトレーニングに良いかなと考えている。

森の中を走るわけだから涼しいでしょ、きっと。
(早起きすれば家の周りでも良いのだが)

メリハリを付ければ練習も楽しい。

Yさんは、不整地を走るので足首が鍛えられる
と言っていたし。

という訳でシューズをネットで注文(まずはカッコからだぜ!)。
(何時も自転車の部品を買う店で)

電話で聞いたら(試し履きできないので)、
「沢山注文して、残りは返品して下さい」とのこと。

では、、と、5足注文!


sDSC_1371.jpg


ニュートン(黄色)は僕の足に今ひとつ。

ザ・ノース・フェイス(黒)はサイズが大きかった。
(これ以上小さいサイズはここに置いて無いみたい)

ザ・ノース・フェイスはウェア、グッズもトータルで揃うので
本命だったが。残念。

で、残りは3足。サロモン2足とZOOT。


sDSC_1373.jpg


ZOOT(ズート)は初めて聞いたブランドだな。

調べたらトライアスロンの世界で有名なブランドらしい。

トライアスロンは素足で履くからフィット感は抜群にイイ。


sDSC_1375.jpg


日本ではこれが15700円。たっけー!。
この店ではディスカウントしてて、64,99ユーロだぜ。

これからもう一度、試し履きして決める予定。
たのし〜。

マラソンからの気分転換かな(はや)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気のうさまろ。


sDSC_1338.jpg


少しおいらを慰めてくれよ。

スポンサーサイト

theme : マラソン
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

おつかれさまでした~、悪条件の中大変でしたね
棄権も勇気ある決断ですから・・・

zootはトライアスロンとかアクアスロンの大会には大抵ブースを出されてますよ。
なんといっても履くときに手間がかからないのが一番いいです

来年は是非リベンジを期待してますヽ(^o^)丿

No title

お疲れ様でした。
昨日は、雨と強風のコンディションで辛かったですね。
来年のリベンジ期待しております。
こちらは、指圧の翌日から今まで経験したことがない
だるさと、睡魔に襲われてどうなることかと心配でしたが
無事に疲れも抜けて大会を迎えることが出来ました。
レースは
目標の10分は切れませんでしたが去年より30秒程速くゴール出来たので、
38km位から心が折れ給水毎に歩いて飲み干しのを後悔しています。
今後も宜しくお願いいたします。
小林

No title

マラソンって本当に奥が深いですね。
何よりこの日のために準備しスタート地点に立ったこと、
挑戦したことが立派だと思います。
今回挑戦もしなかった自分が情けないです。

あ、前祝い、、、、賛成!

Re: No title

佐野さん、ありがとうございます。
zootは有名なんですね、今回初めて知りました。
はい。もちろん10倍返しです。

Re: No title

小林さま、ありがとうございます。
ベストタイム更新おめでとうございます~(拍手!)。素晴らしいです。
悪条件でもやる人はやるんですよね、流石です。
治療後申し上げたように、疲れが溜まっている方の場合は特に(治療後)
だるい感じが出ますね。治療が効いている証拠です。
当日は疲れが抜け良いコンディションだったと推察します。
これからも色々お話を聞かせて下さい。宜しくお願いします。
PS
小林さんの練習方法。間違ってないんですね。脱帽です。

Re: No title

かんなずきさん、ありがとうございます。
来年は是非ご一緒しましょう。
はい。僕も前祝いを超前向きに検討しているところです(笑)。

No title

悪天候の中お疲れ様でした!
Höchstで偶然にも応援できてよかったです。

私自身、今年はマインツ、フランクと2度棄権しているので、悔しさお察しいたします・・・
マラソンはなにが起こるか本当にわかりませんね。
3,4ヶ月の練習からゴールまでが一括りで、コンディションを読むのが未熟者の私には一苦労です。

次回のリベンジを応援しています!!

Re: No title

Schwarzさん、ありがとうございます。
当日はあの辺りから足の不調を感じ始めていたので、声援が嬉しかったです。
Schwarzさんの声で元気になりしばらく持ちましたから。
ゆっくり練習を再開して来年は是非一緒にリベンジしましょう。
PS
あれ?と思いメールの「送信済み」トレーをチェックしたら、Schwarzさん宛の
返信を何と送信せずにそのまま「ゴミ箱」に入れてしまっていました。
たぶん疲れてたんですねー(悲)。
ご心配いただいたのに大変失礼しました。


プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示