オステオパシー講習会5年目、卒業試験。その2。


今回の卒業試験にあたり、沢山の方から激励を戴きました。

「石川さんなら大丈夫でしょ!」

という、悪意の無いプレシャーも戴きました(笑)。

日本に帰られた患者さん達からも沢山応援メールが。

改めてこの場を借りて御礼申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この木曜日に2ヶ月ぶりのランニング。

いつもの道の街路樹がこんなに茂っていました。


sDSC05740.jpg


麦畑も。


sDSC05743.jpg


sDSC05741.jpg


sDSC05742.jpg


収穫も近いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「オステオパシー」治療資格の最終試験。

僕にとってドイツで5つ目の資格試験。

この5年間、毎年約30日間講習を受けてきました。

参加資格は「医師」「自然医学療法士」「理学療法士」のみ。

資格のない人は「フルタイムで4年間」通う道があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6月16日の試験に向かうICEの中。
自信満々。ここでは余裕でしたが。


sDSC05726.jpg


帰りの電車。
いわゆる「やけ酒」(笑)。


sDSC05728.jpg


ケルシュ(ケルンの地ビール)の銘柄の一つ、
「フリュー」。

これってブンデスリーガの名門「FCケルン」のカラー?
ファン御用達?

車内で買ったビール。「ビットブルガー」。


sDSC05734.jpg


雑誌の広告もワールドカップ一色。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

卒業試験は全部で4科目。

4月10日の筆記試験と6月2日の実技試験は合格。

6月3日の口答試験は完敗。

6月16日の協会認定試験も不合格。

情けないが、「2勝2敗」。

野球なら打率5割は凄いのだが、
卒業試験では負け以外何ものでも無い。

自分に負けました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6月3日の口頭試験。「病理学」の智識を問われる。

ジュリー(試験監督官)はお医者さん二人。
(一人は初対面)

伏されたカードを2枚めくり、それを説明するというもの。

一枚目に引いたのが、爪の下に「点状出血」がある写真。

「細菌性心内膜炎」の症状。

答えると、他にどんな症状が考えられるか?とくる。
でも炎症と「心臓弁膜」の異常以外言えずに答えに詰まった、、。

「敗血症」とか「塞栓症」の可能性とか、大事なことが
あったのだが出てこなかった(悲)。

次にめくったカードが食道のイラスト。

嚥下した物が引っかかる場所を三箇所言って、肝硬変の症状の
一つである「食道静脈瘤」を説明。

その他の疾病の可能性を聞かれ答えに詰まった(悲)。

その後、緊張している僕から何とか答えを引き出そうと
(善意で)ジュリーが色々な質問を出してくる。

「呼吸困難」「肝硬変」「糖尿病Ⅱ型」、、。

最後に「前立腺癌の全身転移」を上手く説明出来ず、
万事休す。

でもねぇー。

今冷静に考えれば全て答えられたのになぁ。

緊張してたか、、(悔)。

しかしこれはただの実力不足。

次に取りたい資格は広大な「病理学の理解」が必須。

9月の再試験に向けて喜んで勉強したいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4つ目の協会認定試験は4人のジュリーの前での試験。

患者さんが一人。
下級生が任意でその役を努めます。もちろん初対面。

ジュリーの前で患者さんに問診10分、触診20分。
一度僕は外に出て待機。治療の組み立てを考える。

この間にジュリーが患者さんに問診と触診。

呼ばれてもう一度部屋に入り、ジュリーの前で診断結果を
発表後に治療を披露。

その後、患者さんに「普通の言葉」で病状説明。

患者さんを帰した後に、何故その治療を選択したのか?

「神経系」「血管系」「筋膜の繋がり」

から専門用語で説明するというもの。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆がビビりまくっていた試験だけど、僕には4つの試験の中で
一番楽な試験だと思っていた。

普段の治療と同じことをすればいいのだから。
(僕には筆記試験が最難関でした)

自信満々で臨んだ試験。

だが一つ大事な質問を忘れていたらしく、そこをジュリーに
突かれ、そこにまた重大な疾病が隠れていて、

「大逆転負け」。

うーん、、。

言いたいことは多々あるのだが、、。

負けは負けです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人間力が試された。

全ての不確定要素は試験前に払拭可能だった。

ジュリー以外の全ての人を味方に変えられるチャンスがあったのに
「大丈夫、大丈夫」とアクションを起こさなかった自分。

言葉では説明が難しいが、、。

「油断」と「慢心」。

これは昔から続けてきた、「自分を見つめる作業」
で判っていた弱い分野。

「一番の弱点」が「ここ一番」の時にでてしまった。

この為に普段闘っているつもりだったが、、。

情けない。

試験とは相手との戦いではなく、

「毎日の自分との戦いの延長」

だと今回改めて思いしらされました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

病理の口頭再試験が秋にあります。

大丈夫です。

必ず合格して報告しますから心配しないで下さい。

今回の事は必ず意味があると思っています。

というより、「意味のある事」にする必要が自分にはある。

5年後、10年後に

「あの試験に落ちたから今の自分がある」

と必ず言える時がきますから。

スポンサーサイト

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

常に上を見て挑戦されてる姿素晴らしいです!
見習わねばいけません

Re: No title

お互いに本物の治療師を目指しましょう。
プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示