ドイツ 自分で胃炎の治療


日曜日は9時からランニング開始。
先週より1時間早い。気温は17℃でひんやり。

久しぶりの20kmラン。
3kmしか違わないのに何故こんなにキツイ。

9時半過ぎからジワジワと気温があがり、
結局2時間弱かかったが。

走って良かった。
17kmで終えてたら後悔してた。

やや筋肉痛があるが。

来週も20km走いくぜ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先週「マツダ6のディーゼル」に乗せて頂く機会がありました。
(日本ではマツダ・アテンザですね)

いやぁ~ビックリしました。

あまりに静かで快適で。

ディーゼル車の進化って凄いです。

大昔、「アウディのA6」「VWのゴルフ」「VWのシャラン」
とディーゼル車に乗ってました。

(ドイツは新車登録の半分以上はディーゼルです)

きっと、アウディもVW(フォルクスワーゲン)も凄く進化
してるんでしょうけど。

日本車の進化はまだまだ「日本の未来」を期待させてくれます。

それは海外での「日本人の可能性」にも繋がります。

久しぶりに明るい日本の話題で嬉しくなりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先週は2回飲み会。
(たぶん初めて。過去に記憶ないです!)

ちまたは夏休みだから可能です。

火曜日はドイツ国内で転勤される患者さんの送別会。
(故に水曜日は午前中休みにしました)

土曜日は岩瀬さんで某オフ会。3人で。

何のオフ会かって?
内緒(笑)。まだお二人に確認してないし。

このオフ会の名前。

3人のイニシャル取って、
「IKU会」「KIU会」「UKI会」「KUI会」でもいいですが。

敢えて付けるなら「G会」または「20G会」かな、、。

因みに過去、同じく3人の「IKA会」がありました。
(お二人は転勤されて姫路と香港で活躍されています)

Aさん、Kさん、お元気ですか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

仕事のある日は夜9時に食事。

遅いので炭水化物は摂りません。

つまり、夜9時過ぎにはお米、パスタ、ジャガイモは食べません。

毎晩お豆腐と野菜スープで済ませてます。
(ウィークデーはお酒も飲みません)

なので「週末のお楽しみ」がカレーと赤ワイン!

土曜日の昼間にトルコ食材店で買い物。
(治療院の窓から見える店)

ひき肉とナス。衝動的にトルコ産のチーズ。


s2041.jpg


美味しそうだったから(赤ワインの為に)。


sDSC_1685.jpg


帰れば野菜スープは出来ているので、玉ねぎを切って
ひき肉と炒め、日本のルーを何種類か混ぜて完成。

マイブームがナスカレー。
(もちろんナスは別に調理して時間差で鍋に)

オフ会で一日ずれて、日曜日がカレー。

で今日の月曜日もカレー。

「カレー大好き男」なので全然問題なしー。

二日目のカレー。
男の料理なので見栄えはイマイチですが。


sDSC_1687.jpg


今日は茹でたブロッコリーとズッキーニも入れました。
自分で言うのも何ですが、、美味しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

赤ワインは必ずこれを付けて注ぎます。


sDSC_1695.jpg


帰国された患者さんからのプレゼント。


sDSC_1696.jpg


この穴で空気がゴボゴボ入って(ワインが1割以上!)美味しくなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カレー(刺激物)とワインの話題の後で恐縮ですが。

胃の炎症に関して。胃炎ですね。

多かれ少なかれ誰でにも起こっている事。
人間の体には修復する機能があるので一時的には問題ありません。

これが常にある、つまり慢性的にあると、何かと問題が
起きやすくなります。

簡単な診断は「舌」。

白や黄色い「舌苔」(ぜったい)が舌にでます。

後は、みぞおちとおヘソの間を押すとドクンドクンと
動悸がするなど。

この2つがあれば、胃に炎症(漢方では胃に熱といいます)。

つまり「消化器系の不調」と考えて良いでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕もやっている自己治療です。

「慢性胃炎」でメインに使うのは手と足にある2つのつぼ。

「神門」

手のひらの小指側です。

指で触るとポコっと穴が感じられるはず。


sDSC_1694.jpg


「地機」

ふくらはぎの内側、踝と膝の間。

すーっと骨の際を下から上がってくると、ここって感じる所が
あるはずです。


sDSC_1691.jpg


どちらも気持良く痛いはずです(または超!痛いはず)。

もちろん、右も左も。(左の方が反応が出やすいかな)

たった2つのつぼですが効果は十分。

経絡治療(けいらくちりょう)の本治療という分野。

これで物足りない方。
(他にも治療点は沢山有りますが)

上腕の内側、手首に近い所。
二本の骨の間で押して痛い所があればそこも。


sDSC_1693.jpg


寝る前に治療してみて下さい(お腹がググっと鳴るはず)。

翌朝「舌苔」が薄くなっていれば効果ありです。


スポンサーサイト

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独28年(治療師歴28年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています。

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと解りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示