ツヴィリングの「ペティナイフ」


毎年同じことを言っていますが、

「夏の冷えに注意」。

冬は沢山服を着るので体も温かいのです。

(汗をかく夏は)気化熱で体が冷え気味です。

夏に調子が悪くなる人は「冷え」が原因。

冷たいドリンクもほどほどに。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

簡単な「冷え」対策はお風呂ですね。

海外に住んでいる方はシャワーがほとんど。

そこを敢えて(最低でも)週に一度のお風呂を薦めます。

先週は「熊本の黒川温泉」に。


sDSC_1713.jpg


今週は「北海道の登別温泉」で。

最高。リラックス出来ています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フランクフルトは今朝の気温が14℃。

今週の最高気温は23℃。とか。


s写真


ドイツはもう秋風が吹き始めました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ウィスキーの話はこの前書きました。

一人飲みだが、ある程度の「ロックグラス」も欲しいなと。


sDSC_1708.jpg


正式には「オールド・ファッショングラス」といいます。

そうそう。あのドリンクを冷やす「セラミック」。

全然ダメでした。
何故「アマゾンドイツ」の評価はあんなに高いんだろ。


sDSC_1684.jpg


こんな情けない使い方しか出来てません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

待ちに待った週末。
カレーだ、赤ワインだ!

先週、ナスの皮に切れ目を入れたかったけどダメ。

包丁切れなさ過ぎ。アマゾンで即注文。

数日後に大袈裟な箱に入って到着。


sDSC_1697.jpg


ツヴィリングの「ペティナイフ」。


sDSC_1699.jpg


お馴染み「ドイツのゾーリンゲン」です。

大好きな日本のエンターテイナー(芸術家)のMさん。
(有料ブログも購読してます!)

最近フェイスブックでご自分の包丁(ペティナイフ4本!)を
紹介されていたのにも影響されてしまった。

Mさんのはプロ用で1本200ユーロ以上するものでしたが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

患者さんに聞くと、ペティナイフ1本で調理されている方も
多いですね。


sDSC_1701.jpg


こういう作業はペティナイフですかね。

ペティは(大きい野菜を)ザックザク切るのは苦手。

包丁セットを薦めてくれる患者さんもいましたが。

「料理はかどりますよ〜、石川先生!」

うーん、でも週に一回ですから、僕の料理。

切るのは「玉ねぎ」だけだし。(あとはナス)

でも気を付けないと包丁セット買っちゃいそう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は豆カレー。

患者さんから豆カレーのアドバイスを頂き、初挑戦。

土曜日にトルコ食材店で「赤レンズ豆」を購入。

赤といってもオレンジ色なんですね。


sDSC_1706.jpg


赤ワイン用に食用オリーブも。


sDSC_1704.jpg


豆が小さいので水に付けておく必要もないし。
調理は簡単簡単。

驚いたのがレンズ豆の食感。

(小さいのに)けっこう「ガッツリ」。

確かに「ひき肉」がなくても良いくらい。

同じタンパク質でカロリー低いし。

そして売っているレンズ豆の種類にビックリ。

色々試してみます。
スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独28年(治療師歴28年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています。

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと解りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示