リスボン


ヒィぇ〜、明日は早朝6℃だし。


s写真


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

気付いたら、フランクフルトマラソンまであと5週間。
(練習足りてないし。大会がもうあと1ヶ月後だと嬉しいけど)

試験終了後から、週に2日ランニング。
(気持ちに余裕が出来たみたいです)

日曜日は2時間走、最低20km。

月曜日はすぐ近くの坂(リードベルグ)を登って下る
周回コースを5周。1時間弱。

負荷が重い「インターバル走」にしてるのだけど、日曜日に
走っているので結構走れています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の日曜日は生憎の雨。

昨日の夜は20km走の為に(普段は食べない)、炭水化物を食べたのだ。

(ラーメンとお茶漬け!)

暖かい雨(18℃)だったのでレインジャケットを着て出発。

(走らないと昨日の炭水化物で体重増えるし)

予定を変更して周回コースへ。

雨の中でも走っている人が沢山。

正解。

コンディション的に5週間前だと雨でも走っておかないとね。

雨よりも(レインジャケットの)汗でビショ濡れ。

1時間でも走って良かった。

明日の20kmにつなげます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2日走るとコンディションが全然違う。

自転車通勤がとっても楽。

そういえば今週の帰り道、
無謀にも「信号待ちダッシュ」で競ってくるオジサンが。

(やめて欲しいなぁ)

お、以外に速い!(理由はあとで判明)。

が、私の敵では無い(エヘン)。

次に止まった信号で(後ろから)、

「速いなぁ〜あんた。若者はさすがに違うな、わっはっは(笑)!」

(もう若者じゃねーし)

「俺は70歳だけどなぁ、わっはっは(笑)!」

(こういう人は必ず自分から歳を言う。聞いてないのに)

「でなぁ。これは電動自転車なんだ、わっはっは(笑)!」

(、、、、、爆笑。)

「気を付けて家まで帰れよ〜!」

(ありがとう。あなたもね!)

「ジョン・レノン」そっくりの髪と髭にグラサン。

陽気で人騒がせなオジサンでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「シュウマツワインドジンアルヨ」

カレー用に新しいレンズ豆。
近くのインド食料品店で(治療室から見える所にあった)。


sDSC_1738.jpg


sDSC_1750.jpg


食感がコリコリでオレンジ色の豆より好みです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先週買った「ナン」。6枚入りで3,5ユーロ。


sDSC_1739.jpg


オーブンで焼いたけど、あんま美味しくない。失敗。

今週はチャパティを購入。同じく3,5ユーロ。10枚入り。


sDSC_1747.jpg


一回に5枚くらい食べてしまう。「ナン」よりは美味しいかな。

インド人になりきるには良いかもしれないが。

もう買わないと思います(キッパリ)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

患者さんからの戴き物。初版。

ありがとうございます。


sDSC_1752.jpg


この方とは先週のオフ会の店(モロッコ料理)でも偶然ばったり。

今週もランチに行く途中にばったり、とよくお会いします。

(でもまだ2回ですね)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本でも「リスボンに誘われて」が公開されたらしい。

夏前に偶然この予告編を観て、ビビッときていたのでした。

フェイスブックにも書いたけど、10年来のブラジル人の患者さんに、
(ポルトガル語繋がりというだけで)こういう小説と映画があって、
観たいなぁ、、なんて話をしたら、

「とっても良い小説よ! DVDも持ってるから貸してあげるわ」

と超ラッキーなありがたいお言葉。話してみるもんですね。


sDSC_1755.jpg


日本からも直後に本を送って頂いてました。


s212.jpg


ドイツではかなり前に映画が公開。
(Mさんからは「良かったですよー」とコメント)

作者はスイス人で、オリジナルはドイツ語。

対比して読んだけども、訳の美しさが印象に残る哲学小説。

一流の翻訳家さんって凄いですね。

リスボンに行ってみたいです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示