スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親ばか

1月22日にフランクフルト市内の小学4年生を対象に「数学大会」が開かれました。

うちの息子が 4位 (ジャーン!) になりました。

フランクフルトにある18の小学校から、数学が得意の生徒約80人が参加。
息子の通う小学校からも、成績順に4人が選ばれて参加。
問題はすべて文章形式でかなり難しかったそうです。

上位3人はヘッセン州の大会に進むようです。

「10位以内に絶対入ってやる!!」 と、試験前に気合を入れた、とは息子の弁。
うーん、頼もしい、と思ったその日の夜でした。


DSC01000.jpg


スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

おめでとうございます

息子さん、すごいですね!
先生の親ばか姿(失礼)が微笑ましいです。
ところでMikito君、漢字ではどう書くのでしょうか?

ありがとうございます

コメントありがとうございます。
「未来人」と書きます。

実は母方の祖父母が勉強が得意だったようで、クラスで成績トップの生徒が勤める級長(きゅうちょう)の座を他人に譲らなかったそうです。
ちなみに・・・僕は成績は良くなかったです(笑)
隔世遺伝でしょうか?

5月1日のレース

お疲れ様です。
ブログ拝見しました。
野田さんのブログにコメントしようとしたら、スパム扱いされて書き込めませんでした(笑)

相変わらず走りまくってますね。脱帽です!

いきなりですが、5月1日に開催される、誰でも参加出来るレース、
「Eschborn-Frankfurt City-Loop」に、一緒に出場しませんか?

一番短いコースが42kmです。僕はこれに患者さんのKさんと出るつもりです。(他には73km、106kmがあります)
名前の通りエシュボーンがスタートのようです。

この大会、プロのエリートカテゴリーは、去年まで「ヘニンガートアー」として開催されていた、由緒あるレースです。去年は「スキルシマノ」が参加していましたが、今年も出るのでは?

スポンサーが代わり、ジュニアと自転車愛好者にも裾野を広げようという事らしいです。

参加者は記念ジャージも買えますよ!
参加申し込みは以下のサイトから。
http://www.cycling-cup.de/index.php?id=94

Eschborn-Frankfurt City-Loop

石川先生、いつもお世話になっています。

ブログからはじかれたというのはどうしてでしょう?
設定を見たんですが理由が分かりません・・・・

Eschborn-Frankfurt City-Loop、見てきました。
Velo-Tour I, 42km:短すぎて物足りないかも。
Velo-Tour II, 73km:2周というのが・・・・
Velo-Tour III, 102km:Feldbergがあるので大変ですが楽しそう!

こうなるとやっぱり早く快速のドロップハンドル車が欲しい・・・・・・です。

PS. この日休み取りました。返事待ちです。

Re: お楽しみ! 5月1日

> 野田さん、お世話になっています。
>
> でしょ!でしょ!
>
> 普段は車が走っていて、我々が走れないコースが、この日は警察が車を停めて走らせてくれるんですよ。
> 参加しない手はありません。
>
> 僕は42kmにエントリーして、力が余っていたらそのまま2周(73km)のグループについて行っちゃおうかな? と姑息な手を考えています。
>
> 野田さん!休みが取れなくても大丈夫です。
> このレース、午前中で終わります(笑)
>
> ps
>
> 今日、あのスペシャライズドのシクロに泥除けを付けました。外見は・・・?という感じです。
> シンプル・イズ・ベストなんでしょうね。本当は。

Velo-Tour

休み取れました。
私はいっその事104kmでエントリーしちゃおうかと・・・・・

明日、明後日と2連休です。
ライン川沿いにケルンまで行くか、Velo-Tourコースをやて見るか考慮中です。

155km

結局ライン川下りにしました。
いつものごとく遅い出発になったのでビンゲンまでしか行けませんでした。
往復で約155km、12:30発で雨の中0時30 に帰宅しました。
100km越えたのは初めてです。体の方は問題ありませんでしたが、暗いところでスピードを出している時に、歩道の縁石の角に前輪をぶつけて水筒とヘッドライトが飛びました。ハンドルを引くタイミングが遅れたんですね。

もっと速い自転車が欲しいです(脚力棚上げ)。

ところで5月1日の規定で『ロード・レーサー、MTB、スポーツ車のみ参加可能』とありますが、私の自転車が果たしてスポーツ車なのか・・・・

お疲れ様です!

ビンゲンまで往復、155kmですか?
素晴らしいライストュングですね。

日中は暖かくて気持ちも良かった事でしょう。
僕も走りたかったのですが、事務仕事に終日追われていました。残念。

「雨中走行」も「0時半帰宅」の夜間走行も、既にすべて「ブルベ」に含まれていますね。
300kmオーバーを見据えての準備と見ました(笑)

スポーツ車の定義ですか?
今回、MTBもOKなら、野田さんのもOKでしょうね。

ただそれだけ走れるなら、レーサーならもっと走れます。(レーサーなら200km行ったでしょうね)

これはもう乗った人間しか判らないんですよー。
何しろタイヤが細いので抵抗が少なく、スーっと走ってしまうのです。
上手く説明が出来なくて、申し訳ないのですが。

今度どのコースを走ったか教えてくださいね。
僕も一度あの辺まで行きたいと思っていました。
(対岸のリューデスハイムの近くに友達が住んでいるので)

では又。ゆっくり休んでください。
(休むの練習の内ですよー)

ロード・レーサー、ランドナー

Stevensの両車種試乗してきました。
目から鱗がぱらぱらと・・・・・
本当に『スー』でした。
初めてドロップハンドルの効果を見せつけられましたね。
ランドナーの安定感は素晴らしいです。
ロードはハンドルが低くて腰に影響があるような気がしますが、あの軽さは!
あとはシクロクロスを試さないと行けませんね。

祝!レーサー初試乗

お疲れ様です。

でしょ!
そうなんですよー、これが病みつきになるんですよ。
タイヤが細い、空気圧が高い、故に路面からのショックをまともに受ける事になるのですが、それも慣れると全然問題が無くなります。
そういうショックを受け流すテクニックも自然に身についてきます。

ポジションのきつさが問題なら、ハンドルを上げるなり、ステムを短くするなりしてクリアーできます。

今のロードの主流は「コンフォート系」。
勝つためのきついポジションより、楽に長く走るためのポジションに主流は移っています。
買うときもその辺をアピールした方が良いですよ。

シクロクロスの試乗楽しみですね。
インプレの報告お待ちしています!

Stevens

ロードは多分
http://www.stevensbikes.de/2009/index.php?bik_id=510§=equipment〈=de_DE
だったと思います。Dura Aceです。3500ユーロくらいの事言ってました。

ランドナーは105が付いているGran Turismo、1300位です。
試乗車はOberrohrが一部へこんでいるので999。
http://www.stevensbikes.de/2009/index.php?bik_id=561〈=de_DE

シクロクロスはPrestigeが壁にかかっていて次はこれを試乗したいですね。1400ユーロ, Ultegraでした。
http://www.stevensbikes.de/2009/index.php?bik_id=528〈=de_DE

驚いたのは52cmに乗れた事です。

Stevensも良いですが、やはりSpecializedに乗ってみたいですね!

No title

お疲れ様です。
写真で見ると、中々綺麗なレーサーですね。

そうですね、シクロクロスもかなりまとまっているモデルと見ました。
コストパフォーマンスも高そうですね。

ちなみにこのメーカー、ドイツのシクロクロスの世界では全種目(男女のジュニアからプロのエリートまで)を制覇している鼻息の荒いチームです。

ではまた。
プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。