フランクフルトマラソン 2014


お陰様で完走出来ました。

ホッとしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

足首と膝に不安。

おまけに不覚にも2週間前に体調を崩してしまったので、
目標はとにかく「完走」と「歩かない」こと。

スタート4時間前の6時に起床。

20km以上は不安があったのでキネシオテープで補強。


sDSC_1786.jpg


恥ずかしいので膝下までのパンツを履いて走ります。

走り始めは暑かったけど、私のペースでは上も長袖で正解。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以前フランクフルトに2回駐在されていたKさん。
ラグビー仲間です。

ご主人のマラソン参加の為にご夫婦で来独。

スタート前にご挨拶。

奥さんは全然お変りなく、しかし、ご主人は月間350〜400km
走るランナーに変身していました。(超シェイプアップ!)

時差ボケで調子悪いと言いながら、3時間切りまで
あと1分少しの好タイム。

東京マラソンも4回連続当選、参加。凄い人です。

所属しているランニングクラブのユニフォームもカッコいい。
(私も欲しいので形だけ入会させて下さい!笑)

是非その情熱と体調管理についてお話しを伺いたいものです。

来年もお待ちしています!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ペースの確認。

20kmまでキロ6分で走り、足に不安が無ければそこから
ペースアップする作戦。

リザルトを見るとスタートから5km毎のキロ平均が、それぞれ
6分、6分3秒、5分55秒、6分2秒、とほぼ作戦通り。

普段の練習ペースがキロ5分30〜40秒。

周りにどんどん追い越される中、GPS時計を見ながら
ペースを落とすのに苦労しました。

15km地点:「なんとか行けそう、、」。

ここで今日の完走を確信。

20km地点:ペースを上げたいが足首に違和感。

なので25km、30kmも抑え気味に。キロ平均6分4秒。

呼吸(心肺機能)は超〜楽チン。

不安は足だけ。

去年歩き始めた30km地点を通過する時はさすがに、

「頼む〜、痛くならないでくれぇ〜」って祈りました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

30km地点:ペースを上げたいがやっぱり不安。

我慢のキロ6分キープ。

35km地点:やば。右足首と左膝がグラグラしてきた。

ペースをキープできない。左膝がガクッと落ちそう。

38km地点で初トイレ。ここで休めたので足が少し復活。

40km地点:あと2km少しだ、死ぬ気でペースアップ!

してるつもり(笑)、でも足が動かない(悲)。

ゴール前の最後の直線。ラストスパート。

してるつもり、でもやはり足が動かない(笑)。

結果、4時間19分14秒。

明日以降にビデオもアップされるはず。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の完走の決め手は「タイムマネジメント」。

足の状態を考慮してゆっくり入ったのが正解。

キロ5分40秒で入っていたら去年のようにリタイアしてたかも。

あとはテーピング(キネシオテープ)が効いたなぁ。

問題のない足にも巻いてバランスが崩れないようにした。

本当ならこんなにテープ巻いてマラソン出るのはどうかと思うけど。

まあ、将来こういう患者さんが来るかもしれないし。

自分の体で実験してみました。

で毎回思うけど、普段自分の治療時間を取る事が大事だっていうこと。

足が痛いと楽しくないし、、ただの苦行になってしまう。

それにしても(走るなら)もう少しレベルを上げたいなぁ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年は暖かかったので沿道の応援もすごかったです。

沢山知り合いの方、患者さんをお見かけしました。

ヴェストエンドでドイツ人のご主人が治療に来られているLさん。

エシャスハイマーでIさんと前述のKさんの奥さん。
(Iさんのご主人も走られたんですよね)

コンスタヴラバッへの信号でTさん。
(私と同じ茶色のユニクロのライトダウン着てました)

ザクセンハウゼンでOさん、Sさん。

NiederdorfeldenのRTFでお世話になったNさん。

スタート前もゴールエリアにも何人か。

あっ!え~とあの人って、、名前がパっと出てこない(笑)。

(コンタクトレンズが合わなくなってきたみたい、、)

という訳でお声をお掛けできなかった方々も。

ネットでトラッキングして下さった日本の患者さんからも祝福メール。

ありがとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前々回のオランダから帰ってきた時のブログ。

「予想タイムは4時間20分」は、ほぼ予定通り。

「先週の自分なら超楽勝のペース」と書いた。

ペースは楽勝だったけど、足は全然楽勝ではなかった。

今も筋肉痛。それも変な所が。

走りで問題が出る患者さんには走り方を教える。

(疲れにくい)大きい筋肉を使う走り。

つまり「お尻」の筋肉を使う走り。(故にヒップアップ効果大!)

今回はふくら脛が筋肉痛。(普段筋肉痛が出ない所なのに)

やはり走りのバランスが崩れていたな。

ゴールした瞬間思ったことは、

「も〜マラソン辞めた、これが最後だぜ!」

でも帰宅後、来年のマラソンも申し込んでしまいました(笑)。

ゼッケンは「1073」。

今年中に申し込めば65ユーロですよ。

皆さん、記念に一度参加してみて下さい。


ー追記ー


写真が送られて来ました。

あまりいい写真じゃあないなぁ、、。

1枚目のゴール前写真なんか(疲れきって目をつぶってるから)、
20歳は老けて見えます(笑)。

スポンサーサイト

theme : マラソン
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

完走おめでとうございます、ナイスランですね!
私もヒザが痛くなってから、走ると腰が痛くなるようになってきました。
本人は気付かないうちに走り方がおかしくなってるんですね。

>でも帰宅後、来年のマラソンも申し込んでしまいました
 ↑これよくわかります(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

完走おめでとうございます!
有言実行、素晴らしいですね。
今年は地元のフルマラソンに参加しました。
夏の間結構な(私にしては)トレーニングをしたつもりでしたが
タイムは4:28:31で、2年前のフランクフルトから
たったの2分44秒の更新(´Д` )
トイレに行かなかったこと以外は、前半突っ込みすぎでダメダメ。
こんなはずじゃなかった〜って言うことで、
またエントリーしちゃうんですよね(笑)
マラソンって奥が深い〜。
お疲れ様でした。

Re: No title

佐野さん、ありがとうございます。
現在の実力以上の記録をこの長丁場で望んではいけませんよね。
もう4回目なので手堅くまとめたって感じです。こういう日もあるんだと。
その意味では確かに「ナイスラン」と言っても恥ずかしく無いと思います。
腰ですが、、仙骨が捻れていると推察致します。
いつか一緒に走れると楽しいでしょうね。

Re: No title

かんなづきさん、ありがとうございます。
夏場のトレーニングとベストタイム更新。素晴らしいです。
頑張っていらっしゃいますね、ご立派です。
今年ゴールした瞬間、「このスポーツは自分に向いていない!(笑)」
と思いましたが、やはり来年も走ることにしました。継続は力ですから。
来年はフランクフルトで一緒に走りましょう。

おめでとうございます。

調子いまいちにもかかわらず、完走&記録更新とは、さすがですね。
私はというと、冬場の運動不足(自転車走行距離激減)対策として始めたランニング、最初はイヤイヤ走ってましたが、それなりに楽しくなってきました。ぼちぼち距離伸ばしていきたいと思っていますが、、、そのころにはまた自転車シーズンに。

Re: おめでとうございます。

weingauさん、ありがとうございます。
何とか完走出来て良かったです。
ランニングが楽しくなってきたのは素晴らしいです。
ということは将来、(自転車+ランニング)+水泳=トライアスロンでしょうか?

完走おめでとうございます!!!

先生、大変遅くなりましたが、完走おめでとうございます!!当日は残念ながら直接応援できませんでしたが、ネットでちゃんとチェックしてました。素晴らしいです。尊敬!! 来年こそは私も走りたいです・・・ううっ

Re: 完走おめでとうございます!!!

Yumikoさん、ありがとうございます。嬉しいです。
来年は一緒に走りましょうね。
プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示