男性も化粧水を


先週に引き続きランニング。
朝10時スタート。



s20114.jpg


敢えて、ニダ川沿い。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日の晩は「永遠の0」ドラマをインターネットで。
もちろん小説も読んでいるが。

向井くん良くなったねぇ。
他の俳優さん達も現在の若手オールスターだ。

(僕にとっての)白眉は当時の特攻隊員で現在は大企業の会長職にある
武田貴則氏が出てくるところ。

同席した新聞記者と口論、批判。
戦時中、軍部に迎合したその新聞社を批判する場面。

当時のマスコミの恥部。
百田さん、よくぞ書いてくれました。

読んだ時もこの場面に興奮したが、ここだけでも今回
観る価値がある。

ベストセラーだが批判も多い小説らしい(Wikipediaの否定的評価)。

だが僕は日本国民全員が読むべき本だと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

多いねー、ニダ側沿いを走っている人達。

何度もアップしている景色。



s20152.jpg


s20136.jpg


s20131.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

川沿いにあるヘダンハイムのサッカー場。
自転車通勤の帰りにいつも見えています。

3チームが使ってるんですね。


s20121.jpg


素晴らしい人工芝のグランド。


s20127.jpg


この右側に本芝のグランドがあります。

日本人の皆さん。
緑のジャージがここに所属しているKくん。


s20115.jpg


これがドイツのクラブチームのスタンダード。
恵まれてますね。

セルフポートレート。(走った証拠写真)


s20111.jpg


今日も12kmだけ(トホホ、)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

休日の朝は紅茶。

トルコ食材店で買ういつものセイロン茶。


sDSC_2095.jpg


一袋で5つの缶が保存に必要。


sDSC_2096.jpg


これで5ユーロ位。僕には十分美味しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この10年以上愛用している「プロポリスクリーム」。

乾燥しているヨーロッパでは最強。

日本にもお土産で持っていきます。

以前はジェルで洗顔後(夜はシャワー後に)クリーム付けて終わりだったが。

「化粧水」


sDSC_2099.jpg


最近、女性の皆さんをお手本にして使い始めました。
(DMオリジナルの安物だけど、、十分でしょ)

やはり「しっとり感」が全然違うんですね!(病みつきになるな)

凄いですね、化粧水って。

スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示