春のガルミッシュ・パルテンキルヘンでスキー


3年ぶりのスキーでした。


sDSC05919.jpg


ドイツ最高峰の山「ツークシュピッツェ」のスキー場。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金曜日の朝5時。Sさんの車で出発。

目指すは「ガルミッシュ・パルテンキルヘン」

ミュンヘン経由で5時間。


sDSC05983.jpg


ゴンドラ乗り場。

興ざめの日本語表示(恥ずかしいから止めてほしい)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初日。

頂上から見たスキー場。


sDSC05958.jpg


スキー場から見上げるゴンドラ乗り場。
(ツークシュピッツェ山頂)


sDSC05960.jpg


sDSC05961.jpg


偶然ゴンドラで一緒になった神戸からの女子大生さん。
(いいなぁ~Sさん)


sDSC05907.jpg


卒業旅行中。この日は移動してミュンヘン泊。

その後ウィーンとプラハだそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

快晴。


sDSC05962.jpg


ヨーロッパのスキー場に多い「Tバーリフト」。


sDSC05909.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お昼前から滑り始めて15時過ぎまでガッツリ滑りました。

帰りは登山電車で30分かけて下山。


sDSC05921.jpg


駐車場からの景色。


sDSC05924.jpg


sDSC05923.jpg


お疲れ様でした。


sDSC05925.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

駅前のホテルにチェックイン後、二人でジョギング(Sさんの希望)。


左が毎年「ジャンプ週間」第二戦(1月1日)が開かれるジャンプ台で
右がワールドカップの回転コース。

パルテンキルヒェン(地区)にあって、インスブルックに向かう時、
車や電車の中から右側に見えます。


sDSC05928.jpg


日本人では笠谷幸生選手(札幌五輪の金メダリスト)、船木和喜選手
(長野五輪の金メダリスト)がそれぞれ優勝1回。


sDSC05930.jpg


葛西紀明選手は2度ここで優勝しています。


sDSC05932.jpg


回転コースの斜面。

本番ではこの急斜面がカチンカチンに固められます。
(普通のスキーヤーの技術では降りてこれません)


sDSC05933.jpg


久しぶりに来たら、チェアリフトとナイター照明も。

斜面のうねりも削って整地し一枚バーンになっていた。
(起伏があるとナイターでは影になるから)

この街は1936年の冬季オリンピックが開かれた場所。

メインスタジアムの中がランディングバーン(着地するところ)。

インスブルックのジャンプ台もそうなっています。

隣接しているプチホテル兼レストラン。


sDSC05929.jpg


ワールドカップ期間中はドイツチームの宿舎。
(コースまで歩いて2分だし)

当時この街に住んでいた僕は、朝食からチームに合流したものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スキー二日目の土曜日。

フランクフルトからYさん家族、ミュンヘンからJ-Barの武内さん
合流して一緒に滑る日。

とっても楽しみにしてました。

しかし、なんと、その日の朝に「携帯電話」を紛失(涙)。

連絡がつかなくなってしまった、、(トホホ)。


ー 続く ー


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示