骨折のリハビリ フランクフルトで水パイプ


暑いです!
(治療室にはエアコンがあるから大丈夫ですよ)


sIMG_1414.jpg


日曜日はここでトライアスロンのヨーロッパ選手権。

ボランティアの皆さんもこの暑さの中お疲れ様でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もうボロボロの「羊をめぐる冒険」。


sIMG_1412.jpg


ドイツ語では読んだという患者さんにお貸しするので改めて
治療の合間に読んでみました。

時代を感じるがやはり面白い。

今回も新しい発見が。

村上さんの作品は全部読んでいるが今でもベストの作品です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この前の「ニッポンコネクション」でも上映されたそうです。

「ソロモンの偽証」全六巻。

え?この前TVで小泉の息子がやってたやつ?って僕は勘違いしてた。
(それは「ペテロの葬式」でした)

5時間とは長い映画です。

予告編を観ただけでビビっときてKさんに日本から買って来て頂きました。

ありがとうございます。


sIMG_1410.jpg


彼女の作品では一番の長編かな(模倣犯は文庫で全五巻)。

ファンには嬉しい宮部みゆきさんの肉声も聞けます。
(声が可愛いです)

へぇ~、10年も、、。

「ソロモンの偽証」、、昨日から読み始めました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

治療の合間に読み返した前田知洋さんの本(ファンです!)。


sIMG_1409.jpg


(人間関係が出来ていないのに)
ズカズカっと入ってくる人間に嫌悪感を覚える。

(酔ってもいないのに)
声が大きい人にも3歩くらい引いてしまう。

「デリカシーが無い」って言葉は最近は使わないのかなぁ?

人と壁を作るタイプなのでこういう客観的な文章にはフムフム。

でも「距離感」は実質的なものだけでなく心の距離感も含まれるはず。

「KY」という言葉を作った日本人なら尚更考えて欲しい「距離感」。

教養、育った地域の文化性も含め「他山の石」にと自分を戒めています。

でも酔っ払った翌日は後悔の連続、、(とほほ、、)。

前田さんみたいに知的で洗練された振る舞いに憧れます。

ps

最近土曜日は飲みに行くことが多いです。

で、この前ある人と3次会(いや、4次会か?)で初めて試した「水たばこ(水パイプ)」。
(毎日お昼に通る治療院の裏のバーで)


sIMG_1397.jpg


「シーシャ」っていうんだな。

イスラムチック?、退廃的?、不良?のイメージ。

タバコを吸わない僕だけど一度試してみることに、、。

キルシュ(さくらんぼ味)を注文。

けっこう、、いいかも(驚)。

リラックスするなぁ〜。
(こんなことしている自分にビックリだぜ!)

習慣性は無いから大丈夫(たぶん)。

自己責任でお願いします(笑)。

昔はやばいの吸ってたんだろうな、きっと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

表題の「骨折」

最近多いですね、日本人の患者さん。
(紹介で来られるから多く感じるだけですが)

で、今回は来られた方からのリクエストでも有ります。
是非書いて下さいと。

手足の骨折、アキレス腱の断絶、ふくら脛の肉離れ、、。

(沢山見てきたけど「ふくら脛の肉離れ」が一番治り難いです)

皆さん、ギブスが取れてからがリハビリだと思っていませんか?

昔は無理やり曲げられたりして痛かったでしょ?(泣)

皆さんの知らない間にリハビリも進歩して痛く無くなりました。

というより痛みを感じさせてはアウトなのです。

痛くないリハビリ。動かせる所は動かす必要があります。

(自分で言うのはなんですが、、)
これはもうプロに任せたほうが良いです(キッパリ!)。

手術した当日、ギブスを装着したその日からがリハビリのスタート。

早く始めると治りが全然違います。
(僕の感覚では3倍違います)

やらなければならない事、やってはいけない事をしっかり教えます。
(執刀した医者は教えてくれませんよ)

治癒を促進させるホメオパシーもお薦めします。

もっと早く来れば良かった〜(悔!)というのが皆さんの感想です。

psx2

先週患者さんから聞いた話しに「ビックリ!」。

以前あるお母さんの希望でまだ背が低い小学生の男の子にお勧めした、
「背が伸びる」カルシウムベースのホメオパシーがありました。

集中力も高めるレメディーです。

(実はお子さんが欲しい男性にも有効なんですよ。良い精子を作ります)

最近、お母さん達の間に口コミで広まっているらしい。(凄いね!)。
(もちろん目的は「身長」「集中力」の方だと思うけど、、)

で、、キーワードが2つ。

・「プライドの高い子か」

・「(プライドより)お金に執着するタイプの子か(つまり、ケチ!笑)」

その方に薦めたのは前者に合うタイプのレメディー。

つまり、それに当てはまらないとあまり効果が期待できないということ。

後者のタイプの子には別のレメディーをお薦めします。


スポンサーサイト

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

私も ふくらはぎの痛みが嘘のように消えました。
走るときも、少しだけ気持ち内股に変えています。
今のところ順調です、本当にありがとうございました。

Re: No title

Kobayashi さん、良かったですね。
プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示