スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分でピロリ菌の検査


木曜日の朝は7℃でした。


sIMG_1442.jpg


長袖、長タイツで自転車通勤でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これで夏は終わりかと思ったけど。


sIMG_1447.jpg


30℃オーバーはまだ続くようです。

そんな暑く感じないけど。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

帰国される患者からの戴き物。


sIMG_1444.jpg


一番嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アマゾンで買い物。

送料、税金、少し高くつくが、、。


sDSC_2205.jpg


欲しい本があっという間に手元へ。

この差額は自分への投資だと考えます。

(う~消化器と呼吸器も買えば良かったよぅ。どうせいつか買うんだから)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ピロリ菌。

胃がんの原因の一つです。

除菌は日本でも保険が適用されるようになりました。

ドイツでは以前から保険が適用されています。

全部タダです。

検査だけの為に病院に行く時間のない人。

自分で検査してみますか?


sDSC_2204.jpg


STADA Diagnostik H.pylori Selbsttest

アポテケで19,95ユーロ。

僕はネットで16,96で購入しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

箱を開けるとこんな感じ。


sDSC_2210.jpg


sDSC_2212.jpg


指を消毒するアルコール脱脂綿、指から血をだす鍼、絆創膏、
血を吸収するスポイト管、血を薄める溶液、そして本体のセンサー。


sDSC_2216.jpg


手を洗った後、指先を消毒して青いやつで指先を刺して血を出します。

これが意外に痛かったぁ~!(涙)

スポイトに線が引いてあって、「ここまで血を、、」ということなのだけど、
1回目の穿刺では血が足らず2回やることに。

(だから穿刺の青い器具が2本入っているわけだ、、)

それでも足んなかったけど。

でスポイトから本体のセンサーに血を垂らし、溶液で薄めます。


sDSC_2218.jpg


やり方は全部取扱説明書に写真であります。

上記のサイトに行けば動画での説明もあります。

待つこと10分。

赤いラインが浮き上がってきます。


sDSC_2217.jpg


CとTまで、ラインが2本出現すればポジティブ。

つまりピロリ菌が胃の粘膜に住んでいるということ。

僕は、C、までのラインなので「ネガティブ」ということ。

安心しました。

スポンサーサイト

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。