オステオパシー講習会 再スタート


三日間の講習から帰宅したら、ラグビー日本代表が南アフリカに
勝利したビッグニュース。

涙しながら何十回もハイライトシーンを繰り返し観ました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

木曜日からオステオパシーの講習会がスタート。

ローン-アカデミー Rhön-Akademie

前回まで通っていた学校と提携しています。

平日は全日制の理学療法士と作業療法士の学校。

それ以外はセミナーハウスとして年間通していろんな
コースが開かれています。

実は僕もドイツで医療マッサージの資格を取った後、2004年から2年間、
月に2回、金曜日から日曜日まで3日間ここで勉強。

理学療法士の国家資格を取りました。

まさかここに再び通うとはねぇ、、。人生判らないものです。

当時の担任の先生にレストランで会えて、9年ぶりのご挨拶。

僕の名前も覚えていてくれて嬉しかったです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大自然の中にあるセミナーハウス。


s20131_20150921103925166.jpg


この地方はRöhnという丘陵地帯。

フランクフルトからだとフルダに向かって1時間半です。
(9年前は2時間弱かかりました。道路が良くなっていました)

空気もキレイで四季を通して休暇に訪れる人も多い所。

もちろん授業が終わってからホテルで着替えて走りましたよ。

アップダウンの山道を。もう高所トレーニングですね。


s20136_20150921103924418.jpg


あの山の反対側にはナイターが出来るスキー場もあります。

当時、クラスメイトと授業が終わってから何回か滑りに行ったなぁ。

今回も行けるといいなぁ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

クラスメイトは全員で26人。

主任講師もノイスで前半お世話になった人。僕の好きな講師の一人。

クラスの人数が多いのでアシスタント講師が二人。

初日は当然、自己紹介から。

何せ、日本人だし、5年間終わっての再入学だし、キャリアなんかも
そこそこあるし、、まあ注目の的でしょうね(笑)。

どこのセミナーに行っても最年長だったけど、ここでは57歳の男性が
いて、僕が3番目位じゃないかな。

心配してたけど良いクラスです。

隣にはフルダからの22歳の娘が座ってくれてラッキー。

一つ前の列の子二人も親切な感じのいい娘達。

いい人達に恵まれますように!ってこの数ヶ月祈ってましたから。。

なんたって4年間だからね。

長机2つ、4人単位でテーマを考えたり、デモンストレーションする事も
多いので、これはとっても大事なことなのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

授業は初日、二日目が骨盤、三日目が下肢。

前回は5年の講習会だったけど、ここは同じカリキュラムで4年コース。

授業のテンポも(僕の記憶より)早い感じ。

2回目だし毎日使っているテクニックなのでアドバンテージがあるけど。

凄いなぁ皆んな。ちゃんと付いて行ってるもんなぁ。

お陰様で、技術も解剖の理論(ラテン語の組織の名前とか神経の走行とか)
にも楽に付いて行けてます。

前回の講習会にも、今の実力でスタート出来ていれば、もっと楽に、、
などと詮なきことを思ってしまいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初日に皆で食事している時。

おっとっと!ある講師がレストランに入ってきた。

去年落ちた協会認定試験の主任監督官。

僕に引導を渡した男です(笑)。

僕は驚いたけど、相手はそうでもなかった。

たぶん知れ渡ってるんでしょう、僕が再入学したことを。

試験直後に説明を受けているんだけど、何故かスッキリしない感じが
ずーっとこの1年以上あったのです。

実力不足だったのは十分理解してるのだけど。

ここで会ったが100年目って感じか(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

食後に時間を作ってもらって、何故僕が失敗したのか、
何処に問題があったのかを質問。

1年以上前のことを掘り返すのもスマートでは無いし、僕も胃が
重くなる感じだったのだけど。

でもここで曖昧にしておくわけにはいかない。

この講習会の初日に会ったのも意味があると感じました。

(事実彼は急遽代役で初めてここに来たらしい)

で、、何と、、(僕が思っている以上に)僕の評価は悪かったらしい。

「そこまで酷かったのかぁ〜、、じゃあシャーねーなぁ」

って感じでスッキリしちゃいました(笑)。

思い切って聞いてよかったなぁ。

モチベーションが上がったなぁ、➚ ガウーんと。

やはり意味があったかぁ。よ〜し、もっと勉強しよ!

(切れ者なので)時折発するジョークがちょっと辛辣だけど、
サッカーのプロ選手にもなれた個人的には尊敬している講師です。

もちろん恨んでなんかいませんから(ホントに)。

恩返しは試験官全員を納得させて合格すること、だな。

大丈夫です。


スポンサーサイト

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示