ごしんじょう療法とランニングソックス


もう20℃オーバーはないかな。


sIMG_1584.jpg


もうすぐ冬だな(ドイツは秋が短いのです)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近ネットで話題。

「金の棒」で体をこする治療。

貴峰道のごしんじょう療法といいますが、。

僕も去年の2月に日本で習い、治療に随時取り入れています。

「ドイツ ごしんじょう療法」

当時のブログです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日の日曜日、雨模様の中、患者さんのKさんと12kmラン。

雨支度で一度走ろうと考えていたので良いチャンス。

上半身はレインウェアを着ればいいので問題なし。

心配はシューズとその中の足、具体的にはソックス。

4時間雨の中を走れば、足が濡れるの避けられない。

濡れると冷えるし、気持ち悪いし、足に豆ができちゃうかなと。

一度チェックしておきたかったのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

雨の時は(濡れても冷えない)ウールのソックスかなぁと。

で今回試したけど、滑る。シューズの中で。


sDSC_2244.jpg


一応豆が出来ないように指にテーピング。


sDSC_2253.jpg


結果駄目。(滑るので)途中から足首が痛くなってきた。

普段は5本指のソックス。


sDSC_2255.jpg


左から、ミズノ、アディダス、アディダス、アシックス。

色々試したけど、足裏にストッパーが付いているのが良い。


sDSC_2256.jpg


白のアシックスにはプツプツが付いてないけど滑りにくいソックス。

(長タイツの時はこれを履きます)

でお気に入りはこのアディダスのショートソックス。


sDSC_2261.jpg


sDSC_2260.jpg


もうこれがダントツで一番。僕には最高のソックスです。

底のブツブツで滑らないし、生地が固めでしっかりしている。

(雨の本番でいきなり試す訳にはいかないので)

今回ウールのソックスが駄目と判ったのが収穫。

走る時はシューズだけに目が行きがちだけど、シューズと

ソックスの相性も大事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先週末、デイリーモーションでラグビーの動画を探していたら、、。

何故か見つけた「ラブジェネレーション」(笑)。

木村拓哉さんと松たか子さんのアレです。

第一話を観始めたら最後、昨日までに全部観てしまった。

平均視聴率30%なんて今じゃ不可能でしょう。

1997年ですって。あの長野オリンピックの1年前かよ、、。

あの頃長いコートが流行ってたんだなぁ。

(たぶんタンスの奥に入ってる)

観ているはずだけど何故か記憶がまだらに飛んでいて。

今週は楽しんで観てました。

キャストが凄いですよ、、。

平田満さんの渋い演技が好きですが、他には藤原紀香、さとう珠緒、

椎名桔平、生瀬勝久、藤木直人、高橋克実、黒谷友香さん達。

おまけに今話題の吹石一恵さんまで。

(お芝居で吹石さんを生で観た事あります。綺麗でした)

患者さん達にラブジェネの話題を振ると、私大学生でした、、という人多し(わか)。

話の中でお土産に「川根茶」が出てきたりして。

(主人公達が静岡出身の設定です)

でも良いなぁ、てっぺいくん、カレー屋の2階に住んでいて。

(いつもの、って注文するとタンドリーチキンが出てきます)

という訳で先週は、

〽 髪をほどい たぁ〜 君の仕草 がぁ〜 〽 

〽 振り返るの はぁ~ 終わりに しよう〜 〽 

〽 今夜 君はぼくのものぉ〜 おォォ〜 〽 

大滝詠一さんの歌が、毎日頭のなかで鳴ってました。 


スポンサーサイト

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

シューズが濡れるとマメができていやなんですが、ソックスとの相性もあるんですね~。試してみます
ラブジェネレーション懐かし~ヽ(^o^)丿

Re: No title

懐かしいですよね。
場所を構わずタバコを吸うシーンが時代を感じさせます。
プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示