夏でも焼酎お湯割り


朝、秋風を感じながら自転車通勤しています。


sIMG_2518.jpg


夜は熟睡出来ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オリンピックが始まりました。

当然こちらのTVはドイツ選手中心に放送。

そんな中、(ほとんど観てませんが)

「ハギノ!」「セト!」

とドイツ人に叫ばれると悪い気はしません。

選手の皆さん、

全てを味方に付けて実力以上の実力を出して下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2日に一度、いつものパン屋さんへ。

買うパンは何時も同じ。

(買ったパンは)

リュックサックには入れません。

で、お腹に。


sIMG_2513.jpg


デブに見えるね。

ここから治療院まで300mだし。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今夏はビール飲み過ぎ。

僕のことです。

お腹の調子、悪し、、。

悪いと言っても別にたいした事はないのだけど。

ベストより少し悪いという感じ。

感覚で言うと夏バテ一歩手前みたいな、。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これはもう「お腹の冷え」が原因。

日本のように毎日お風呂に入れれば良いのだが。

こっちにいると中々大変。

何年か前にも同じ経験をしたが。

不覚にも忘れてました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

で、治療をしながら数日お茶で済ましたけど。

その後は「焼酎お湯割り」。

手元にあったのが日本から制限一杯で買ってきた「栗焼酎」。


sIMG_2524.jpg


お茶もコーヒーも熱いものしか飲まないが。

やっぱり、暑い時には熱いもの、が正解だなぁ。

でもねぇ~ビールだけはムリでしょ。

(飲みに行った時の一杯目はヴァイツェンビールだし)

せめて常温で飲むかなぁ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

基本、夕食には炭水化物を取りません。

お豆腐中心。

夏でも湯豆腐だけど、最近豆腐ステーキも。

小麦粉か片栗粉を付けて焼きます。

でも週末は羽目を外してパスタも追加。

ネットで調べて作った、

「アンチョビー・キャベツのパスタ」


sIMG_2523.jpg


(盛り付けが雑!)

茹でたキャベツの甘味とアンチョビーの塩気が病み付きに。

元々、シンプルなアリオリオ(ニンニクと唐辛子のオリーブオイル和え)が好きなので。

で、これを作って食べる時、。

冷えた白ワイン(シャルドネ)を何杯も飲んでしまうのだぁ〜。

(おまけに〆はグラッパ!)

たまには良いよね。

スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示