五本指のシューズ


明日から朝は一桁気温です。


sIMG_2795.jpg


ドイツの残暑も終わりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先週までは超好天。


sIMG_2755.jpg


9月中旬までの30℃近い気温は記憶にありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オペラシーズン開幕。

先週も「カルメン」を鑑賞。

オペラグラス。(周りからも羨望の眼差し!)


sIMG_2217.jpg




バードウォッチング用(倍率8〜10倍)では役に立ちません。

オペラにはやはりオペラグラス。

倍率は3倍くらいです。

(舞台から遠い)安い席ですがこれで楽しめます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

週末スパゲッティの為に買いました。

にんにく絞り。

お料理好きの患者さんからのアドバイス。


sIMG_2552_20160920032108417.jpg



やっぱりあると便利ですね。他の料理にも。

(でも買った事を忘れて)

今までみたいに包丁の背中でビシっと潰したりしてます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近は専門書ばかり。

読書量激減。

でもこれは面白かったなぁ。


sIMG_2749.jpg


治療の合間に貪るように読みました。

読んで良かった。

少ない時間を使うなら面白い本を読みたい。

左側の本は東シナ海で起きていることを予言さえしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

記憶では5年くらい前からの流行。

五本指の靴。


sIMG_2758.jpg


「ファイブフィンガーズ」。

裸足感覚で履けるシューズです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当時、流行り始めたナイキフリーを2足(3と5)買って大満足。

仕事中も履いていました。

以前から僕の左小指が内側に入っていて最近は痛みも。

テープを巻いたりパットを入れてましたがダメ。

もうこれしか無いだろ、とこれを購入。

裏はこんな感じ。


sIMG_2734.jpg



さすが(とうぜん?)シューズキーパーも五本指。


sIMG_2733.jpg



裸足で履いてもOKですが、一応5本指ソックス着用。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

丸々2週間着用。

自分では違和感なし。気持ちいいです。

患者さんからの好奇な目だけ(聞いて頂いて良いんですよ!)

何が変わったかと言えば。

帰る時に自転車用の靴に履き替えますが。


sIMG_2765.jpg


全然キツクない。

今までの靴だと足が浮腫んでたんでしょうね。

ゆるゆる。

足が喜んでいます。

スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示