アルプス山歩きデビュー2


先々週は土曜日に休みを取って南独バイエルンへ。

山のベテラン、K夫妻とオーバーアマガウの山を歩いてきました。

4時集合!(睡眠時間3時間半)

フュッセン経由でオーストリア側から入ると綺麗な湖。


IMG_5196.jpg


プラン湖(Plansee)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ドイツ、アマガウアーアルペン初日。

Scheinbergspitz 1915m。

やや寝不足で登るので軽めの山を選びました。

しかし、、リックサックの重いこと、重いこと。

駐車場でリックサックを背負った時、

後ろにのけぞりましたから(嘘)。

出発前に届いた数々。

雨で荷物が濡れないようにするスタッフバッグ。


sIMG_5185_201707310600034c9.jpg


コッヘルとコンパス。


sIMG_5184_201707310600024e0.jpg


頂上で珈琲をドリップして飲むのだ!


sIMG_5194_20170731060006017.jpg


sIMG_5193_20170731060005698.jpg


しかし。スタッフバッグはまだしも、、。

初日は頂上でK夫妻のおにぎりとおかずにご相伴。

ごちそうさまでした!😁 

(自分で調理の必要なし!)

二日目は雨模様の為に行動食のみ。

(調理は無理でした)。

おまけにルートがマーキングされているのでコンパス不要。

(GPS も無用)

見事に今回の購入品は使いませんでした。

持って上がって下ろしただけ(筋トレです!)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出発前にリックサックを計ったら(水無しで)10kg強!

何でこんな重いんだろ?って手を入れたら、

出てきたのがワイン1本 😁 。

ヤベーだろ、こりゃー。 

空の500mlのペットボトルに移し替える。

しかし当日Kさんに、

「お酒は山小屋到着後かテント設営後に飲むものですよ!」

と諭されました。

確かにそうですね😁(山を舐めてました〜)

あとは(よーく考えて)緊急医療セットを半分以下に。

仕事柄、目の前で怪我、病人がいたら無視できないので、

医療セットが枕半分くらいの大きさになってた。

初心者の荷物は重いというけど、自分が当にそれでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まあでも歩き始めたら歩けたし。

Kさんの後に続きます。


sIMG_5250.jpg


sIMG_5247.jpg


sIMG_5237.jpg


sIMG_5238.jpg


谷の反対側に位置するこの岩山が、この地域のラスボス、Kreuzspitze 2173m。


0246288B-6B07-4326-B571-FFA90AB41F5A.jpg


向こうに見えるのが明日登る、Hochblasse 1980m。


sIMG_5251.jpg


この日はトータル4時間半の歩き。


95B469F4-B9F3-44D0-804E-652852896ACE.jpg


楽勝で楽しかった。

泊まりはオーバーアマガウのホテル。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

二日目。

筋肉痛無し。

夜中に大雨。朝食前には上がって青空。

登山の後はミュンヘンまで電車の予定。

雨後の泥で裾が汚れないように青いスパッツ着用。

(ちょっと大袈裟だったかな)

相変わらず荷物が大きい。


sIMG_5246.jpg


山ガール、Kさんの奥さんと。


sIMG_5240.jpg


常に水音が聞こえました。


2FEFB44A.jpg


Kさんの御主人は山の経験が豊富。


sIMG_5245.jpg


歩きに無駄がありません。


sIMG_5244.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1800m付近にカール。


s97F2E26D-C87A-4CB8-8658-9517176F331C.jpg


頂上まで100m。濃霧の分岐で現在地を確認。

ちょうど頂上から降りてきた方に話を聞くと、

「(ガスで)何も見えないから今日は登るの止めた方がいい」

とアドバイスを受ける。

我々も納得して反対側に下山。

分岐点が国境で帰り道は全てオーストリー領。


s194A1BB4-7915-48B1-B1B5-ABA58375228D.jpg


麓までこんな感じの道


s6D11D0EB-A6CF-4313-AE53-6BCE90763C87.jpg


最後の1時間は雨具着用。

平坦路でイラン人のパーティーに声を掛けられて、

歩きながらオシャベリ。

ミュンヘン近郊に60人位のメンバーがいて、毎週誘い合って

山歩きしているそう。今日は10人の参加だったらしい。

二日目は休憩も含めて7時間半の行程。

楽しかったです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フランクフルトに戻るK夫妻に、

ガルミッシュパルテンキルヒェンの駅まで送って頂く。

今回履いた靴は駅のゴミ箱へ。


sIMG_1111_201708062357415ab.jpg


15年以上前に買った靴。経年劣化してた。

ミュンヘンまで1時間20分。


sIMG_5218.jpg


ミュンヘンらしい地下鉄構内の看板。


sIMG_5221_20170802050201804.jpg


何の広告?


sIMG_5220_201708020501468c1.jpg


何と病院の広告!

リンパ浮腫の専門クリニックらしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ミュンヘンはもちろん武内さんのお店、J-Barでの宴会に参加する為!

毎度毎度の大盛り上がり!

Oくん夫妻とは10年振りくらいでは?

初めてお会いする方もいて楽しかったなぁ。


sIMG_5256.jpg


ワイン・シャンパン10本以上空けたらしい。

焼酎も飲んだ記憶が。

近くのホテルに泊まってフランクフルトに夕方着。

次回の山行は2週間後。

山小屋1泊の強行軍で往復する予定です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週新しい靴買いましたー!

コンスタからマックの道を入った右側の専門店で。

足幅の特徴を言って7足くらいためし履き。


IMG_5277.jpg


店の人が最初から(ハイキング用の軽登山靴ではなく)、

「しっかりした靴が欲しいんだよね?」

って聞いてきた。。

う~ん、、

少しは俺っちも山男に見られたかしら~ん、って 😁

スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示