FC2ブログ

秋のドイツ・オーストリーアルプス

ドイツの秋です。


sIMG_5646.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日オランダから患者さん。

長くフランクフルトにいらしたご家族。

沢山のチーズと一緒に戴きました。

ギー。バターオイルです。


sIMG_5532.jpg



1年前にバターコーヒーを始めてから良い油が如何に大事か

に目覚めた自分。マッチした戴き物でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

同じくバター繋がり。

ラ・コンヴィエッテ La Conviette

レア物バター。


sIMG_5688.jpg


パリでも入手困難らしいです。

でもフランクフルトで買えるところがあるんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

土曜日は仕事を休んでドイツ・オーストリーの山へ。

初日は標高900mにあるミッテンバルド Mittenwald 。

ガルミッシュ・パルテンキルヒェンからインスブルックに向かう

途中の小さな町。バイオリン博物館が有名。

結構長いゴンドラ。標高差1340mを7分で運んでくれます。


sDSC_2451.jpg


ゴンドラから降りればこの風景。


sDSC_2453.jpg


奥の頂きはちょっと根性あれば登れる岩山。

Westliche Karwendelspitze 2384m.

危険箇所にはワイヤーが張られています。


sDSC_2455 (1)


気温が低かったら雪が凍っていて登れませんでした。


sIMG_5657.jpg


頂上からオーストリー側の山々。


DSC_2458.jpg


DSC_2457.jpg


お昼を食べ始めたらカラスが寄ってきた。


sIMG_5675_20171016234820e37.jpg


チーズをあげたら食べました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

二日目はオーストリーのエアヴァルド。Ehrwald 。

ドイツ最高峰、ツークシュピッツェの裏側。

ホテルから向う途中のプラン湖。Plansee。


sDSC_2475.jpg


sDSC_2480.jpg


sDSC_2490.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゴンドラ乗り場の駐車場に着いてビックリ。

あれ?昔ここで武内さん達とスキーしたじゃん!

スキー用のキャビンで終点まで。1502m.

なんとここはマウンテンバイク天国。

MTBをキャビンに積んで上がる人達が沢山。

(シニアの方々は電動のMTB)

ここから淡い傾斜の林間コース。


sDSC_2499.jpg


約2時間半後に現れたこの湖、ゼーベン湖。
Seebensee 1575m.

息を呑む美しさ。


sDSC_2500.jpg


オーストリー側からのツークシュピッツェ。左奥が頂上。


sDSC_2512.jpg


sDSC_2507_201710170525112eb.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自転車で来た人はここでデポ。

ここからスニーカーで歩く人達多数!


sDSC_2520.jpg


下からトータル3時間登るとコーベルガー小屋。 
Coburger Hütte 1917m


sIMG_5655.jpg


下には周りを氷河で削られているドラッヘン湖。
Drachensee 1903m.


sIMG_5682_201710162348254ee.jpg


sIMG_5681.jpg


sIMG_5652.jpg


sIMG_5678.jpg


後ろの山は、後タヤトゥール2259m。
Hinteres Tajatörl.

最初はこの山頂脇をすり抜けて反対側に出て、ゴンドラ乗り場まで

あと3時間半歩く予定だったが。

朝のスタートが遅すぎたね。


sIMG_5637.jpg


で、1917m地点で贅沢な昼寝。


IMG_5689.jpg


二日間雲一つない青空。

3つの綺麗な湖と山々で酸素を補充して帰ってきました。


ー 追記 ー


10月29日のフランクフルトマラソン。

足首の調子が今ひとつなので、参加を見合わせます。

僕の代わりに走りたい人がいましたら連絡下さい。

チップお貸しします。


スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独30年(治療師歴30年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示