マグネシウムの錠剤

昨日の日曜日も雨でしたね。
患者さんのKさんと、新しく開拓したコースを、ロードレーサーで走る予定だったのですが、
雨が強くて延期にしました。

結局、Kさん家族とKさんの家で卓球大会になってしまいました。
それはそれで楽しかったですけど。

そこでKさんのご主人が中学時代、卓球部だったことが判明。
優秀なエンジニアなので、勉強ばっかりしてたのかと思っていましたが・・・。

奥さんも某競技でオリンピック候補までいった実業団選手。つまりプロですね。
こういう人は、何やらせても上手。なにせ身体能力が違います。

僕と息子、K夫妻に完敗でした。

---------------------------------------------------------------------------

5月1日にエッシュボーン・フランクフルトで開催されるレースのエントリーもしました。
Kさんも一緒に出ます。

„Eschborn-Frankfurt City Loop というレースです。
http://www.eschborn-frankfurt.de/rubrik_5.htm

Teilnehmerliste (参加者リスト)には、誇らしくも(!!!)、日本人でただ二人!、Kさんと
僕の名前があります!(今のところ)

エッシュボーンをスタートして市内へ。その後、リードベルク経由でオーバーウアゼル、
シュタインバッハ、エッシュボーンに帰る、1周42kmの誰でも出場出来るレースです。

このコースを2周する74km。2周したあとタウヌスの山を回ってくる103kmもあります。
普段走れない自動車専用道路も警察に規制されて走れるので楽しみです。

他にもカテゴリー別にジュニアとアマチュアのレースもあります。
これらはすべてプロレースの前座レース。

去年まで開催されていた有名なクラシックレース、(ザクセンハウゼンからスタートしていた)、
「へニンガートュア・レース」のスポンサーが変わり、名前が変わったものです。
今年も一流のプロチームが参加します。

もちろんTV中継も!(プロのレースだけです!僕が出場するレースはもちろん放送されません)

10歳単位でカテゴリー別に上位3名は表賞されるらしく、僕は40歳から50歳までの間での
入賞を狙います。
でもドイツ人は体力あるからなぁ(笑)、厳しいかも。

同じく患者さんのNさんは103kmに参加しようかな?と言っていました。
この方には、ただただ、「すげぇーなあ」、と感心します。

今回は25年ぶりのレースなので、42kmにエントリーしましたが、ゴールを過ぎて余裕があったら
もう1周走っちゃおうかな?と密かに考えています。

まさか警察のオートバイが近づいてきて、「止まりなさい!」とは言われないでしょうから。

-----------------------------------------------------------------------

今回、紹介するのは、マグネシウムの錠剤です。

Magnesium-Sandoz (緑のほう。青いのはカルシウムの錠剤)

DSC01031.jpg

適応するのはスポーツ愛好家、お酒を沢山の飲んで肝臓が疲れている人、便秘気味の人。
妊婦さんはお医者さんから既に処方されていると思います。

スポーツ愛好家に関しては、練習の頻度が多くて、筋肉がほぐれ難い人。
正しいストレッチを十分にしても硬さが取れにくい人。
「ふくらはぎ」が痙攣(けいれん)しやすい人。

これは夜中や明け方に、「ふくらはぎ」がつる人も含まれます。
ふくらはぎが痙攣しやすい人は、漢方では「肝臓の疲れている人」、と判断します。

血液中のカルシウムは筋肉の収縮に作用し、弛緩にはマグネシウムが作用します。
マグネシウム不足は筋肉の弛緩を妨げます。

故に筋肉が、「硬い」「痙攣しやすい」という症状が続く人は、マグネシウムが
足りない、と判断します。

20錠入り。水に溶かして飲むタイプ。
結構おいしく味付けされています。
夜寝る前に飲むのが効果的。

(カルシウムを別に取っている人は、上記のように拮抗作用(きっこう)があるため、
一緒には取らないほうが良いです。朝にカルシウム、夜にマグネシウムとなります)

プロのスポーツ選手でもない限り、毎日飲む必要は無い、と僕は考えます。
サンドスは他の製品に比べ含有量が多いので、症状の重い人でも週に2~3回も飲めば十分。

僕の場合は、
「最近、ふくらはぎの硬さがとれないなぁー」という時に飲む程度です。
翌日には良い感じになっています。

僕は、一本買えば半年くらい持っちゃいます。
節約しすぎ??
もう少し飲んでも良いかもしれません(笑)

薬局で8ユーロ位で買えます。

スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

石川様のブログに出会いmaagnesium-sandoz さくらんぼの種?
をフランクに行った際に購入いたしました。私は頸椎、腰椎と手術を5回もしボロボロの体なのですがマグネシウムのおかげでこむらがえりからも解放されさくらんぼで温められ大助かりです。マグネシウムもなくなりつつあるのでクナイプを含めて3度目の買い出しに1月にこの目的の為にフランクに行きます。これからも私達の為に商品の紹介よろしくお願いします。日本はまだまだ残暑が厳しいですが石川様もお体ご自愛くださいませ。

遊びに来てください

ルイさん、コメントありがとうございます。

え?この目的の為だけにフランクフルトに来られるんですか?
せっかくですから、ぜひ治療室に遊びに来てください。(1月16日にドイツに戻ってきます)
そうですか、お役に立ててとても嬉しいです。お陰様で元気が出ました。
日本はまだ暑いそうですね。
ルイさんも体調をくずされませんように!
ドイツから祈っています。
プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示