FC2ブログ

岩手でスキー、オペラ、ラグビーロス


昨日から「サビーネ」って名前の付けられた嵐がドイツを直撃。


IMG_0142.png


学校が休みになった街もあるようだけど。

明日自転車通勤できるかしらん?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先週は久しぶりにオペラ観劇。

いつもの安い3階席です(15ユーロ!)。



IMG_0081.jpg



これに市内の電車バス一日券が付いてます。

ネクタイしない人も多くなったかなぁ。



IMG_0087.jpg



ヴェルディのリゴレット。

この辺の席だとオペラグラスは必要。



IMG_0088.jpg



再来週にもう一度リゴレットを観て、

春にドン・ジョバンニを2回観る予定。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2019年の年末は岩手でスキー。

東北新幹線に乗る前に、恒例の人間ドックを

西日暮里で済ませました。

(ここだけです。優等生!扱いされるのは)

一人で4泊夏油高原スキー場、その後は息子と彼の

友人(ドイツ人3人)を連れて安比高原スキー場。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岩手県北上市。

奥羽山脈の懐にスキー場が見えます。

駅前から無料の送迎バスがあり、ホテルの前からも

乗車可能。片道50分。スキー場のホテルに泊まろう

かとも思ったけど、食事がねぇー。



IMG_9908.jpg



市内なら居酒屋で毎晩食べ歩けるし。

(ここは数回行った渋谷の居酒屋さん)



IMG_0015.jpg



市内のホテルが「リフト券付きパック」を

用意していてお得です。



IMG_9924.jpg



泊まったホテルの裏には北上川。

宮城県の石巻で太平洋に流れ出ます。

対岸は桜の名所「展勝地」。

遠くに見えるは早池峰山。

ここは鉄道が通るまでは船運で栄えました。



IMG_9915.jpg



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏油高原スキー場。

日本屈指の積雪量を誇るスキー場。

豪雪地帯なので暖冬でもここだけは滑れます。







深雪とブナの原生林の中の「ツリーラン」が売り。

「ツリーラン」とは、ゲレンデ以外(オフピステ)の

自然の中、木々の間をすり抜けて滑走すること。

上級者専用。ヘルメット着用。全て自己責任。

遭難した場合の救助は実費が請求されます。

(保険に入りましょう!)







スキー場施設の中で日帰り温泉入浴も可能(700円)

私がドイツにきてからオープンしたスキー場。

今回初めて滑りました。



IMG_9916.jpg



もちろん夜からどっさり雪が降った深雪で、

「ツリーラン」のコースがオープンしていて、

向かって右側のCコースへのアクセスが向上して、、

そしてこれがいちばん大事なのだが、、。

レストランにワインがあれば(笑)!

世界一のスキー場です!!(ほんと!)

私は2日目からコンビニで買ったワインを300円で

持ち込みランチしてました。

(まわりから浮いてたけど)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

同じブランドのウェアを着てると声をかけてくれた

地元シニアスキーヤーのOさん。

(ヤクルトをご馳走してくれました)

りんご園を経営。冬は毎日ここでスキー三昧

のOさん。

(立派な人生ですね。羨ましいです!)

リフトで英語で話しかけてきた男性の方、、笑。

(国産スキーとツリーランの醍醐味を熱く語って

くれました)

オンヨネ(スキーウェア)のレップ、Tさん。

(オーガナイズありがとうございました!)

ここに来るスキーヤーはとっても親切で、

自分の楽しみ方を追求している人達。

色んな方とお話できて久しぶりにスキーって

楽しいなって思えた。

岩手のスキー場、夏油高原スキー場、万歳!

本当に良い人たち、良いスキー場でした。

今年の年末も行きますからね〜。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

未だラグビーロス。

あれは、、もう去年の10月かぁ?笑。

熊本から入ってラグビー観戦。


IMG_9676.jpg


IMG_9613.jpg


IMG_9616.jpg



屋久島に2泊後、台風19号接近で予定変更。

追い立てられるようにバスで福岡に逃げ

(泊まり+Yっさんと飲み)、



IMG_9625.jpg


IMG_9631.jpg


IMG_9646_20200215083412ce7.jpg


IMG_9656.jpg


IMG_9667.jpg


翌日小倉で下車してYさんお勧めの鰻を食べ、

神戸に逃げ(泊まり+Mさんと飲み)、


IMG_9714.jpg


IMG_9717.jpg


横浜で台風に捕まり、


IMG_9588.jpg


翌日の昼前、電車が止まる前に豪雨の中を蒲田に

移動。夕方までホテル前のサウナでゆっくり。

台風一過。

一緒に同じホテルに宿泊した武内さん。

スコットランド戦を観戦後、元同僚の

ラガーマン(+奥さん)を蒲田まで連行して

4人で夜中まで大騒ぎ。

翌日の午後、私は後ろ髪を引かれる思いで羽田から

ルフトハンザ便で日本をあとにしたのでした。

楽しかったな、秋の日本。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大成功のラグビーワールドカップ日本大会。

強かったジャパン。

強くなったジャパン。

選手のTV出演も急増でファン獲得。

社会現象にまでなりました。

ラグビーの時代。

紅白歌合戦にはチームでご招待。

良いのです、良いことです。

でも一抹の寂しさを経験者は感じているはず。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ファンなら欲しいよね、全部。

友人の協力で今回のシリーズを揃えられました。


IMG_0078.jpg


先日もフランクフルトで一緒にラグビーをした仲間が

出張で来て飲み会。え?あれから23年経った、、。

5年前くらい前の感じだけど 笑。

光陰矢の如し。

この後まだ幾つかラグビー飲み会があるので、

きっともっと沢山深く話せるかな。

このワールドカップの前にTV放送されたドラマ、

池井戸潤さんの「ノーサイドゲーム」。

元ラグビー選手も沢山出演されていて面白かった。

特にラグビー協会の立場、考え方がドラマを通して

オープンになったのが良かった。

本当にあんなんだったらしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドラマで何度も強調された

「ラグビーはアマチュアのスポーツ」

世界がプロ化に進んでいる中、これに固執した

連中が日本のプロ化を止めていた。

そしてプロ化してさらに強くなった世界の

強豪国に負け続けた歴史が残った。

「ラグビーはアマチュアのスポーツ」

これはもう死語だけど。

(しかしおじさんたちはこの言葉に弱いん

ですよね〜)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ラグビーは高校から始めました。

先に始めていた弟は市のラグビースクール

第一期生。ラグビーのTV中継を一緒に観ながら

ルールを教えてくれた。

パスやキック練習も付き合った。

家族で弟の試合の応援にも行った。

当時からドラマのように強調されていたのは、

「ラグビーはアマチュアスポーツ」

高校のラグビー顧問の先生も常に言っていた。

(要はちゃんと勉強もしろ!ということ)

それは社会人強豪チームの選手が仕事もしっかりやる、

という規律と自負。

就業後、夕方からの練習がスタンダード。

練習後に仕事に戻る選手も少なくなかった。

学生ラグビーに関しては、、ノーコメント笑。

いや待てよ。留年してた選手も沢山いたから、

優遇は無かった、公平だった、勉強しなければ

卒業出来なかった、ということでしょう。

立派な「アマチュアスポーツ」です。

そしてもう一つ、弟から散々聞かされたのは、

「ラグビーはやるスポーツである」

私も受け売りのように使っていたかもしれません。

実はこの言葉の中にラグビーの発展を妨げてきた

要因があると思っています。


(プロ化、アマチュア、協会の体質、ワールドカップ
直前の森元首相によるラグビー協会の電撃人事等は
今回触れません。書き出したら止まらなくなるから)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ラグビーはやるスポーツである」

でもこれって、やれない人(女性、高齢者の方)、

やったことの無い人には、とても残酷な言葉。

(あなた達には)

ラグビー判らないでしょ?とも聞こえます。

経験者特有の、それも大学ラグビー、特に一握りの

日本ラグビー草創期を築いてきた大学でプレイ

した人間のプライド(傲慢さ)が匂います。

実はこれがラグビーの発展を、日本ラグビーの強化を

妨げてきたのです。

つまりそれだけこのスポーツがが素晴らしいから。

経験者だけで共有し悦に入っていた。

私はラグビーの素晴らしさを何時間でも話せるし、

何十ページでも書けます。

でもそれは今回の期間中に沢山のメディアを通して

日本全国の皆さんに伝わっているはずです。

良いことだと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このラグビーというスポーツはイングランドの

上流階級の子弟が通うパブリックスクールから

生まれたということも自慢の一つ。

球技としての面白さと、哲学として社会での

振舞い、ゲームだけではなく個の人生を勝利に

導く方程式が随所に散りばめられている。

試合中エリート達が泥の中に頭から突っ込む、

文字通りの泥臭さと共に存在する教養。

仲間達や試合で負けた相手さえも尊敬する

寛容性。

勇気と自己犠牲が問われる、

ラグビーだけに許される生身のタックル。

これをすること、したことを一生涯

胸を張って語る権利を得た男たち。

ラガーマン達は自慢で仕方がない。

世界中どこでも「ラグビーをやっていた」

というだけで友達になれる。

ルールの判り難さから排他的と見られて

いた面もあるでしょう。

(でもラグビーは)

「やった人間しか判らねーよ!」

は自然発生的な言葉なのです。

学生時代記憶しているのが

(大学選手権をTVで観たクラスメートに)

「(同志社の)大八木ってスゲーなぁ」

って言われたことがあります。

その時私は生返事をしながら、

オメーにラグビーの何が判る?って思ったことを

昨日のように思い出されます。笑

高校から始めた、当時全く花園に手の届かな

かった私のような人間でも、何万分の一かは、

ラグビーの発展を妨げていたのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昔とはルールもボールもジャージも変わった。

ラグビー経験者も変わらなければならないのです。

今回、全ての試合前に映し出された、国歌斉唱で

涙する赤白ジャージの女性たち。

それをTVで観て泣いてしまう我々男達。

経験者か否かなどの問は不要。

にわかファン?大いに結構。

ルールが難しい?

全て理解しているラガーマンは少ないです。

(たぶん)

今回の大会でラグビーは全ての人のものに。

世界中のラグビーファン、関係者、選手に敬意を。

ラグビーやってて良かった。

(全ての経験者が思っているはず)

ラグビーが好きで良かった。

(全てのファンが思っているはず)

そして、ジャパンを応援してきて良かった。

ありがとう、ラグビー。ありがとう、ジャパン。

スポンサーサイト



theme : ラグビーW杯
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独31年(治療師歴31年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士
 独・オステオパシー国家試験合格

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

・嫌いなものは、、「失礼な人間!」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示