スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nさんとタウヌス

今朝起きたら、ハンブルグの400kmブルベに参加した野田さんからSMS。
昨日送った激励に対する返信でした。

見事、時間内に完走されたとの事!

おめでとうございます!
お見事!

自転車歴1年未満でここまで達成されるとは・・・。
というより、たかが自転車という、一つの趣味にここまで努力されるとは・・・。
うーん。

本業(音楽家、コントラバス奏者)では、安定した名声と地位を築かれた方ですが、
きっと若かりし頃は大変な努力をされた方なのでしょう。

その当時に費やされた努力がどれだけ膨大なエネルギーだったのか、今回のブルベで少し、
ほんの少し見させてもらった気がします。

いかなる分野でも一流になる人は、どんな事にでも手を抜かないものです。
ありがとうございました。

さっき御自宅に電話したら、まだ帰宅されていないとの事。
随時休憩されながら帰宅される旨、連絡があったと奥様が教えてくださいました。

休憩中かもしれないので、携帯への電話は止めました。
ゆっくり休んでください。
お土産話期待していますよー。

それと打ち上げもですー!(Kさん夫妻も楽しみにしてますからー!)

---------------------------------------------------------------------------

昨日の土曜日の気温28度。快晴!
皆さん、挨拶代わりに「今日は良い天気ですねー」、と。
朝8時から夜7時まで仕事の僕は、その度に、明日も晴れてくれー!と祈ってました。(笑)

帰宅後にネットでチェックした天気予報では、ドピーカンで気温も28度の予想!。
コリャ、行くしかねーぜ、とNさんに連絡。

ニーダーウアゼル、ロバの店の前、10時集合と決まりました。

DSC01131.jpg

DSC01130_20090525075149.jpg

--------------------------------------------------------------------------

昨日150km走ったので足重いです、とNさん。
(ラッキー!)じゃあ、今日は(フェルドベルグは無しで)軽く行きましょう、と僕。(軟弱)

例の5月1日に開催された42kmのコースの後半部分から走り始めます。
オーバーウアゼルの手前から左折。(103kmに参加した僕はここを直進しました)

軽ーい下りになっていて走り易い。
(やっぱ、103kmじゃなくて、こっちのコースだったよなー)

エッシュボーンを通過後、マイン・タウヌス・ツェントルームからヘキストを経てクリフテル、
ホフハイム、そしてあの石畳と激坂が待つ町のエップシュタインへ。

晴天の日曜日なので、途中沢山のレーサーが走っています。女性のレーサーも多いです。

石畳はレースじゃないので二人でゆっくり。
それでも古い石畳上の走行は自転車が壊れるんじゃないかとかと心配になります。
そしてあの18%の激坂へ。

ここまで、あまり足を使っていなくても十分キツカッタです。
脇の歩道を歩いていた地元の普通のおばあちゃんから、
「(頂上まで)あと100メートルだよー!頑張ってー」と暖かい声援が。(笑)

頂上に着いたときは後から、「*********!」(理解不能)と叫ばれました。
きっと祝福のお言葉だったのでは?
走りながら手を上げて答えました。(カッコ良い?)

きっと沢山の自転車乗りが来るのでしょう。
ここまでくると、エップシュタインが誇る文化ですね、あの坂は。

----------------------------------------------------------------------------

その後、イドシュタインに向かい、グラスヒュッテンからケーニッヒシュタイン、クローンベルグ、
オーバーウアゼル経由でニーダーウアゼルに戻って着ました。
80kmくらいでしょうか。今日の走行距離は。
やっぱり、そこそこ登りはありましたねー。(涙)

しかしNさんはタウヌスの道に詳しいですねー。勉強になりました。
おまけに常に前を引いてもらって助かりました。おんぶに抱っこでしたね。
(僕のペースが遅くて・・・、Nさんの練習にならなくて申し訳なかったです)

このNさんは例のレースを3時間で走った剛脚の持ち主。
フェルドベルグも30分で登ってしまいます。

さすがタウヌスを走りこんでいらっしゃる。
レース前も5回本番のコースを試走したとか。(僕もそれをしなければダメだったんですよ!)
奥さんのMさんも74kmのレースに参加、見事なタイムで完走しています。

来年のレースは、今年の実績でスタートブロックも前になる為、優勝争いに絡む予定だとか・・・。
いやー、とても自転車歴3年とは思えません!

このNさん、登りも速いのだけれど下りも撃速!!(ゲキハヤ!)
後ろから見ていて、(すぐ数百メーター差が付くのですが)コースのライン取りが上手なのです。
これで自転車歴3年?・・・んな訳ねーだろ?(疑)

あとで聞いたら、日本にいた頃、オートバイレースに熱中していたとか・・・。
やっぱねー。だろーなー。納得!納得!
いいなぁー、スピード怖くない人って・・・。(笑)

ちなみに自転車に付けているコンピューターによると、僕の今日の(下りの)最高速は時速68km。
Nさんは軽くその10km上は行っていたと思います。

下り切った後の信号で止まらなければ、そのまま時速90km以上いっていたらしい。
恐るべし、Nさんのバイクで鍛えた、対スピード感覚!(羨望!)

-------------------------------------------------------------------------

この5月1日のレース前日に、
「レース当日会えれば良いですね・・・」、と奥さんのMさんからメールを頂きました。
自転車関係をネットサーフィンしているうちに、僕のブログにたどり着いたとか。

実はこの大会前の練習中に肘を骨折したKさんから、(エントリー表をチェックしたのでしょう)、
日本人でNさんという方がエントリーしている・・・、という情報はもらっていたのです。

ですが、まさかそのNさんからメールを頂くとは・・・、そして、奥さんまでレースに参加されるとは
・・・、想像さえしていませんでした。
海外で、自転車が縁で人間関係が広がるなんて・・・、嬉しい限りです。

以下はレース後の5月3日に初めてお会いして、フェルドベルグまでNさん夫妻と走った後、
ニーダーウアゼルでの記念写真。

DSC01138.jpg

--------------------------------------------------------------------------

あー、でも今日は楽しかったー。
速い人と走ると良い練習になりますね。(すいません、Nさんの練習にならないけど。)

(タウヌスの)マウンテンバイクのコースもお詳しいそうです。
次回MTBのコースなら、これで参加します。宜しくお願いします。
スペシャライズドのエピックです。

(ちなみに後ろに前輪だけ見えるのが、同じくスペシャライズドのTC Compです。
天気の悪い時の通勤に使用。最近これの良さを実感し始めています。見た目は・・・ですが。)

DSC01156.jpg

ニーダーウアゼルに到着後、Nさんとカフェで休憩。
話題は現在開催中のジロデイタリアと自転車のパーツの話。(当然?)

甘いもの大好きの僕ですが、普段はパフェなんて・・・。
こういう楽しみも、練習へのモティべーションが高まって良いかも。

DSC01212.jpg





スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

400km 完走!おめでとうございます

いや、はや、すごいですね。
400kmですか!
しかも、石川さんから伺ったところによると、RRではなく普通の自転車だとか・・・・・。
乗り換えるだけでスピードアップしますね。

自転車歴たった1年でここまでいく人がいらっしゃるんですねぇー。
1ヶ月で42kmを25km/hで走りきったkさんといい、なんかすごいですね。
僕が1ヶ月目の頃は、確か20km位をMTBで走って(しかも殆ど平坦路)膝が痛くなって電車で帰って来てたような記憶が・・・(カッコ悪いなぁー)。

今日の練習中に石川さんが“前に走った時にここでMTBに抜かれた!”と過去に一緒に走った人が言った話を聞いて、大笑いしましたが、何を隠そう僕もその口だったんですよね。
山道(MTB)では、女性はおろか、子ども(13歳ぐらい)にも追い越されてました・・・(その頃から下りだけは早かったですけど)。

RRやMTBにとってFrankfurt(Taunos)は、とってもいい環境だと思います。長い登りはFeldbergへ向かうコースが在りますし、裏側(SchmittenやIdstein辺り)は、アップダウンが多くとってもいい練習になります。
今日の平均速度が25.7km/hだったので、結構いいペースで走れたと思います。しかも集合場所までと、帰りの部分も入ってますし、並んで走れるところでは話しながら走ってるわけで、実際の走行時は28km/hぐらいですね。これって僕のいつもの練習と同じです。
石川さんまた行きましょう!
いつでも誘ってください!!

僕が知る限りでは、21%激坂がRuppertsheinに在ります。
Eppsteinに比べると道幅が狭く、住宅地の中のような道ですが、かなり激しいですよ。石畳の部分はないので走りやすいと思います(今度行きましょうか?)。

MTBでFeldbergへ向かうルートは、Nidda川下流域から頂上までなら、殆どが、歩行者・自転車専用路です!
なので、とっても走りやすいですよ!
コースによっては結構上りがキツイところもありますが、途中、とっても景色のいいポイントもあって、楽しめると思います。
Hochemarkからのルートは、ハイキングにもいいですよ。
歩いて頂上まで2時間から3時間ぐらいですね。
大げさな格好は要りません、ジーパンにスニーカーで今の時期なら十分事足ります。
途中(Fuchstanz)と頂上にレストランもあります。
でも、飲み水は忘れずに!!


Brevet 400km

SMSとお電話、ありがとうございました。
ハンブルクのホテルでは「1時間の延長も1泊延長も同じ価格」と言われて、3泊に延長しましたが正解でした。
終わりの方は睡魔との戦いでした。
limitの1時間前、朝8時にゴール、3km離れたスタート地点の車まで走行、ホテルでシャワーと朝食の後バタンキュー、目を覚ましたら午後5時でした。
やっぱ長いっす、400km!

なんだかくすぐったいお褒めの言葉ですが、実は凝り性なだけです。
面白かったり楽しいことに現実逃避してしまうんですね。

ここまで来たら6月の600kmもやるっきゃない、って感じですかね。
そういえば、300kmのブルベカードがメダルと一緒にやってきました。

では火曜日、よろしくお願いします。

>Nさん
ありがとうございます。
RR又はサイクロクロス、場合によってはランドナー辺りが欲しいんですが、先立つものと、かみさん(怖)の承諾が難しいところです。
とりあえず200kmで周りの様子を見て、2台目をと考えていたんです。でもなんとなくこの自転車で400kmまで来ちゃいました。こうなったらいっそのこと600kmも・・・(無謀!)
初心者の私には比較になりませんが、東北地方にママチャリでブルベ600kmの『へばな』さんという人が居て、それならこのまま走っちゃおうか、というのもありました。

石川先生からは色々とお話を伺っています。
Feldbergを30分であがられる、とかカーブの取り方のセンスのよさ等々。
ブルベに向けて冬の間Feldbergには何回も上りましたが、Oberursel, KoenigsteinのどちらからもNさんの倍、60分をやっと切るくらいの遅さです。

近くお目にかかれると思いますが、どうぞお手柔らかに!

次回はMTBで

=Nさん、コメントありがとうございます。

いやあ、昨日は楽しかったですよー。
あんなペースでいいなら、また是非是非、宜しくお願いします。

21%の激坂ですか?
まあ、一度は走っておかなければ駄目でしょうね。
何時か、連れてって下さい。(何時かで良いです・・。笑)

それと一度、MTBでも御一緒したいです。

平日にレーサーで公道を走っていると、ドライバーの目が冷たく感じるのは僕だけでしょうか?(笑)

故に、自転車専用道路っていうのが、ありがたい。月曜日が休みなので。

また連絡します。


=野田さん、お疲れ様でした。

やっぱり最後は睡魔ですか?でしょうねー。
想像していましたが、こればっかりは体験しないと判らないでしょうね。

でも、きっちり完走する辺りは流石ですね。お見事です。

次回はNさんとMTBで一度走りたいと思います。
野田さんも時間が会えば如何ですか?Nさんを御紹介もしたいし。

K1さんもお誘いしましょうね。

PS

そう言えば・・・、僕のスペシャライズドのエピック。
冬の通勤で使っているのみで、まだダート走ったこと無いんですよー。(MTBなのに?)
うーん、楽しみが又一つ増えそうで、ウキウキします。

お会いできるのを楽しみにしてます。

こちらこそ、よろしくお願いします。

妻のMは、その昔(学生時代)コントラバスをやってたらしいです。
金銭的事情(自転車に掛かりすぎ?)で年に2・3回程度ですが、二人でアルテオーパなどへ、コンサートに出かけております。
友人にベルリンフィルと深い関わりを持つ人が居て、その友人と妻、二人の影響でクラシックもなんとなくですが楽しめるようになってきたところです。

しかし、ママチャリで600kmですか!
なんか、挑戦と言うより我慢大会のような気がするのは僕だけですか?
僕は、つい最近試乗会に行ってきたんですけど、そこで今僕の乗っている自転車メーカーの“一番いいやつ”に乗ったんですが、それだけで平均速度2km/h位早く走れる感じでした。
重量差はおよそ3.5kgといったところです。人力で動かすものですから道具の差は大きいと思いました。
ま、さすがにこれは高すぎてLottoでも当たらん限り買えません・・・・・。

>平日
僕も同じです。
Feldbergへ向かうルートは8号線(Koenigsteinから)もHochmarkからも結構交通量が多く、バスも頻繁に走っているので、なかなか気を使いますよ。たまに"ヒヤッ”とする事もあるし。
Taunosの裏側は、道幅も狭いので余計です。
平日はMTBの方が気楽でいいと思います。

ではでは
いつでも誘ってください。






よろしくお願いします。

石川先生、
Nさん、

>21%の激坂
うげっ、(横レスで失礼)でも一度下りてみたいです。上るのはしんどそう。

>平日にレーサーで公道を走っていると、ドライバーの目が冷たく
私も最近気になっていて、調べてみました。
StVOでどう書かれているか興味のあるところでした。
結局結構微妙なところで、基本的にはRadwegを使えと言っていますが、特例があったり事情によって違ったり・・・・
今回の400kmでもずいぶんドライヴァーから注意されたり幅寄せされました。

>最後は睡魔
これは厳しかったです。
いつの間にか眠っていて、転びそうになって目が覚めました。何回もです。
また反対車線にフラフラと出て行ったりするので、車が来ると大変危険ですね。600kmではいかに仮眠を計画するかがポイントになりました。

>Nさんを御紹介もしたいし。
>K1さんも
是非是非!
わたしの方にもSさんというクロスバイク+SPD乗りがいますので、よろしく。

>妻のMは、その昔(学生時代)コントラバス
おお、それは楽しみです。
是非オペラにも入らしてください。楽屋裏にご案内できると思います。

>挑戦と言うより我慢大会
元々自転車は毎日仕事で乗っているし、ブルベも以前はRRたったようです。
大変でしょうがちゃんと計算の上という感じがしました。

>人力で動かすものですから道具の差は大きい
御意!
車の時は感じなかったちょっとした、上り勾配、向かい風、路面の荒れがすぐに脚に来るのがわかるのがうれしい(苦しい?)です。

2 X Cervelo !!!!

Nさんご夫妻、おくればせながら気がついたんですが、お二人ともCerveloなんですね。『スッゲー』ですね!
私のR&Mと比べたらシトロエンの小型車とフェラーリみたいです。

それとご主人の日焼け、乗ってらっしゃる量が違う!

いや、何もかもすごいです。

Cervelo

Cerveloのアルミフレーム(S1)にCentaur(これもアルミ、ちなみに石川さんはカーボンでした)のコンポーネントです。
重量はおよそ9.7kg(ペダル込み)といったところです。

前に試乗したCervelo S3 は、Dura AceにZipp404で6.3kgペダル抜き(およそ7500ユーロ)だったのですが、これこそフェラーリでした!!
エアロ効果が抜群で、50km/h以上になると、走行時の音が全然違いました。

ブルペで長い距離を走られるなら、RRでもパリ・ルーべに使われているタイプがいいと思います。
ガタガタ道を高速で走るため、振動吸収性に優れていますし、当然フレームの強度も、一般のRRより遥かに高いです。
ポジションも少し前上がりの設定で、負担が少ないと思います。
CerveloならRSですね。

実は、日焼けは、ここ最近です。
先月辺りから、乗り込み量が増えてきました。
目標は毎月1000kmなのですが、これはなかなか難しいです。
毎週末天気がよくても、ちょっと苦しいと思われます。
今月も、5月1日のレースも含めてRRで700km MTBで80kmといったところです。まだちょっと足りません・・・・・。

それでも一度に400kmに比べれば、たいした事ないと思います。
1200kmなら僕の1.5か月分ですよ!
すごいのは野田さんですよ!!



新入部員

Nキャプテン、野田会長、嬉しいニュースです。

今日来られた患者さんのNさん。(N2さん?)
バリバリのレーサーに乗られていた方です!

2ヶ月前に来独。
5月1日のレースにも参加したかったとか・・・。
でも引越し荷物に入ったレーサーが届かず、今回は見送り。来年は参加予定だそうです。

日本から持参のレーサーはジオス。
しかしなんと、奥様の理解も有り(円高の影響も?)、先月にオルベアを注文したとか。
(カンパ、コーラスのセットで4000ユーロだそうです)

すごいですねー。
おまけに、ローデルハイムにお住まい。Nさんの近所ですよー!

職場まで50kmの道のりをレーサー通勤しようとしている根性のある方です。

ぜひ今度お誘いして一緒に走りましょうね。

大歓迎ですよ!!

すばらしい!
しかもRRですか!
ご近所さんとは、こりゃもう入部確実ですね。
早く皆さん一緒に走ってみたいですね。

オルベアにカンパ・コーラスとは、なかなか渋い選択ですね。
もしかして、グランフォントかアマチュアレースの常連さんですか?
ホイールは何かな?やっぱカンパかFulcrumでしょうか?
4000ユーロかぁー・・・。うらやましいの一言ですね。
家のCervelo2台分やなぁー・・・・・。

しかし、結構沢山の人が集まりそうな感じですね。
こりゃ、いけますよ。
来年はみんなでフランス遠征にも行けそうですよこりゃ!

ところで、僕ってキャプテンなんですか?


自転車部!

石川先生、こんにちは。
きのうは楽しかったです。
激坂とか心臓バクバクとかいいながら、みなさんスイスイ登っていっちゃうので、すごいなあ~。と、だんだん遠くなっていくみんなの背中を見ながら自転車こいでました。いつも全力八分目でがんばってます。
これからもマイペースですがついていきますので、てきとーに置いてって走ってください。そのうち追いつきます。

Re: 自転車部!

まみさん、コメントありがとうございます。

MTBでも皆で走ると楽しいですね。
でもあのコースでこのメンバーだと、まみさんにはキツイですよねー。
それでも、マイペースで走れるのだから大したものですね。
ホントにおつかれさまでした。

そして最後の「わらび摘み」は良かったですね。
ああいうのも無いと、楽しくないですよね。
野田さん、様々です。

いつものように御主人の足は全開でしたが、それに負けず口も全開でしたねー。
大阪人の機関銃トークに、東北出身の僕は少し引いてしまいました(笑)

これからも宜しくお願いします。

自転車部

そろそろ全員で飲み会企画しますか?
宴会部長は誰だろ?

ずいぶんスピードに差がつきそうな感じですね。
RRスピード派とブルベ・ポタリング派。
全員がRR, MTB, シクロクロス、ランドナーとそろえて、タイプの違う走行会を企画しますか?この不景気のなかで自転車産業を盛り上げるのにも役立つし・・・・・もっともこの業界、すでにぐんぐん延びているようですが。
ついていけない(ボソッ)

宴会部長

石川さん誰かいい人ご存知ありませんか?
これは重要な人事ですよ。
この方の号令がなければ、全員揃う事は無い様な気もします。

会長の仰る通り、皆さんそれぞれ目的も目標も違いますからね。
といって、悲しいかな僕にはこれ以上自転車につぎ込む資金はありません・・・。RRとMTBで限界です。
でも最近、通勤と買い物用に荷台の付いたやつは欲しいと思っています(車を持っていませんので)。

昨日222km走ってきました。
走行時間は8時間3分で、休憩込みで8時間30分でした。
もう、体がバラバラになりそうです。
ゴール前60km辺りで、既に限界近く、それでも長さ2km程度の登りが2回も在って泣き事言いながら走ってました。
今後に課題が出来ました。
ペース配分と燃料補給はもっと考えてやらねばと。
103kmなら、勢い(スタート前におなか一杯食べる、とか)だけで何とかなったのですが、この距離になるとそうは行きませんね。
でもこれで、エタップドツールは何とかなりそうです。

来週の日曜日はルッセルスハイム(OPELの街です)でRTFがあります。
http://www.radfahrerverein-opel-1888-ruesselsheim.de/rtf05.php
よろしければ、参加しませんか?
距離は41・79・111・153kmのカテゴリーです。

Re: 宴会部長

宴会部長は、バッソのKさんしかいないと思います。
(野田さんが兼任する、という手も有るかな?)

いいコースでした。

石川さん。
昨日はお疲れ様でした。

いや、しかしいいコースでした!
まだまだ知らない所が一杯有りますね。なんかうれしくなってきました。
またいつでも誘ってください。よろしくです。

クロスバイクいいですねぇー。
僕も欲しくなっちゃいました(今は100%買えないけど・・・・)。
Sさんの乗ってたようなタイプも使い勝手がよさそうでいいですよね。
あのタイプなら長距離でも荷物も積めるし。
MTBはどうしてもポジションが長距離には不向き(お尻が痛いです僕は)に感じます。

>宴会部長
BassoのKさんで決まりですね。
いいですねぇー。
Kさん、よろしくお願いします!!

>21%の激坂
これなんですが、一方通行で登りのみです!マジで!!
自転車ですから下っても良いとは思いますが、前から車が来た場合、止まる方が難しい(僕もしたこと無いです)かもしれません。

日本人選手、出場決定!

ツールドフランスに、二人の日本人選手の出場が決まりましたね。
B-Box・新城、スキルシマノ・別府の両選手!
怪我とかしないでくださいよ、マジで。

石川さんとKさん、応援に行くんですよね。
“日の丸”必要になりましたね!
テレビに映るぐらいの派手な応援期待してます。

日の丸

やりましたねー、二人とも。
当然、「日の丸」持参でしょう!

実は前からネットで買えるところをチェックしていました。
http://www.universalhandel24.de/fahnen-und-flaggen/90-x-150/asien/fahne-japan-90-x-150-cm/

以前教えていただいた、jedi-sports.de。
確かに、BIKE24より安いですね。
衝動買いしそうで怖いです。気をつけないと・・・。

次回会った時、パーツがバージョンアップしていたら、ここで買ったと思って下さい。
プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独28年(治療師歴28年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています。

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと解りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。