フランクフルト自転車同好会 MTBラン

コンピューターが修理から戻ってきました。
レスポンスが遅れ、皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。
お詫び申し上げます。

迷惑を掛けて言うのもなんですが、インターネットの無い生活も数日で慣れます。(僕は)
慣れると之もまた中々乙なものです。(すいません)

帰宅、夕食後はPCの前に座る習慣がついていましたが、無ければ無いで、
夕食後は読書の時間に。

昔はこうだった・・・、と懐かしく思いました。
そうですよね。わずか10年前はこういう生活をしていたのです。

何たって、僕の仕事は究極のアナログの世界!(デジタルの治療って??)
(職場にはPCさえ置いていません)
予約帳も紙にエンピツ書きだし、その予約もほとんどは電話で済ますし。

まあでもインターネット無しの世界には戻れないでしょうね。
このブログも書けなくなるしねぇ。

---------------------------------------------------------------

あれは何時の事だっけ?というくらい前に感じますが、5月31日でした。
マウンテンバイク(以下MTB)でタウヌスに行ってきました。

僕は土曜日に仕事をして、日曜日と月曜日に休んでいます。
日曜日に公道を走っても、
「まあ、休日だからなー」という感じで、ドライバーも割りと親切なんですが、
月曜日はそうもいかない。

勝手な想像ですが、(赤の他人は僕が土曜日に仕事をしている事など知らないわけで)
「こっちは仕事してんのに、何オメーはまっぴるまに自転車で遊んでんだよー」、
みたいな冷たい視線を浴びる事が多い。
これは皆と話しても同じ意見でした。

まあそういう理由もあって、平日に走れる、公道をなるべく走らない、自転車道、
又は散歩道のコースを知っておきたい、というリクエストをNさんに出していました。

------------------------------------------------------------------------

集合はハウゼンとプラウンハイムの間にある、ニダ川沿いのキオスク。
Nさん夫妻、野田さんと4人で10時に出発。

DSC01226_20090609043957.jpg


ニダ川沿いの自転車道をルーデルハイムからゾッセンハイムへ。
そしてクローンベルグ経由でオペルツォーへ。

DSC01231_20090609043957.jpg

このオペルツォーの裏が激坂。もちろんダート。(未舗装)
山に向かうと左に森、右側は動物園の檻です。
体重移動を間違えると、前輪が浮いちゃいます。

野田さんの見事な走り。
ブルベを3本経験して強くなりました。

DSC01237.jpg

Nさんの奥さんはどんな激坂でもマイペースで上りきっちゃいます。
(普通の女性なら上れない坂です)

DSC01241.jpg

Nさんは激坂を一度上がって奥さんの所へ戻る、という2往復ラン。凄い。

DSC01240.jpg

オペルツォーの駐車場から反対側に渡り、フォルケンシュタインへ。
遠目にあの廃城を見たことはありましたが、行くのは初めて。
ここも城跡までは森の中の激坂。
お城からの眺めは素晴らしいです。

DSC01245.jpg

ここから一度下りて、走りやすい林道をフックスタンツまで上ります。

DSC01246.jpg

僕が思っている以上にタウヌスの山にはMTB愛好家が入っているようです。
マウンテンバイカーが沢山いましたねー。
レストランで皆、思い思いに寛いでいました。

ここからフェルドベルグの頂上まで3.2kmの標識。

(頂上まで)もうすぐだから上りましょうか?と誰かが言ったような・・・。
僕は聞こえない振りをしました(すいません・・・)

下りはオーバーウアゼル方面へ。
完全なトレッキングコースですね。歩いている人も多い。
マウンテンバイカーとの事故が起こらないように、と一瞬考えました。
一度起こればMTB規制などしかれるかも。

------------------------------------------------------------------------------------

倒木がルートを塞いでいました。
迂回した後、すかさず野田さんが降りてチェック。原因は雷ですか?

DSC01248.jpg

ホーヘマルクまで1kmの所で、「あったー!」と野田さんが叫び自転車を止めます。
なんと、蕨(わらび)の群生地帯。

全員で蕨摘みです。(本当は禁止らしい)
料理方法まで野田さんに教えてもらいました。(もう、野田さんの独断場です!)
「ナムル」に使うため、韓国人の方たちが結構取りにくるらしいです。

DSC01249.jpg

----------------------------------------------------------------------------

あとはU3沿いの公道を走るいつものルート。
オーバーウアゼルからニーダーウアゼルへ。

後ろを野田さんがピッタリとついて来ます。
速くなりましたねー、野田さん!

ニーダーウアゼルのロバの店の前で解散しました。
全行程45kmくらい。
良いコースでしたねー。楽しかったです。

実は僕のMTB。(スペシャライズドのFSAエピック)
冬と雨の日の通勤でしか使っていませんでした。(もったいないですね)
ダート走行は初めて。(驚)

いやー、MTBでのダート走行も悪くないですねー。はまりそう。
単純に楽しい。

ただサスペンションの調節が今ひとつ。
リアが硬すぎて、下りであまり効いていない感じ。
ダートで乗り込まないと判らないことって多いですね。

上りを考えると、レーサーと同じでMTBも軽いに越した事は無い。
ハードテイル(前だけサスペンションのあるMTB)の方が良いかも。
軽さを追求するとやっぱりカーボンでしょ?(今はMTBでも10kg台がでてますねー)

家には自転車置く場所がもう無いんですよー。
衝動買いしないように気をつけないと・・・。


スポンサーサイト

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

申し訳ありません!

またやっちゃいました。
アナログでもデジタルでも入力するのは人間、これが間違いの多い生き物なんで困っちゃいます。
先生の治療無しで走るのが不安です。
そのうえGPSが故障、アナログで走る事になりそうです。
夜の寒さ、日中の暑さ、道不案内、更に6000mの総高度だそうです。

Nさんの『燃えるコース』いやはやきつかったですね。でもそれ以上に楽しかった!600kmの良い訓練になりました。
下りはダートでフォークが折れるかと思いました。
Nさんご夫妻はあの下りでもすごいスピードでしたね。
先生のカメラ良いですね。あれなら走行中の写真も思うままです。

頑張れ!会長!!

いよいよ会長は600kmですね。
週末の天気は良さそうなので、“まずはいい感じ”っと言ったところでしょうか。

獲得標高6000mですか!
かなりのアップダウンがあるコースですね。
もしかして、Feldbergクラスの登りも幾つか含まれているんでしょうか・・・・・?
ま、でも“燃えるコース”の時も、スイスイと登って来られてましたから、パワー的には問題無しですね。

僕の方は、今週末は仕事です。
来週の日曜日にNiederradがスタート・ゴールのRTFがあるので、参加しようかと考えています。
28日の日曜は200km(Hessen-Cup)の予定です。
一緒にいかがですか?

PS
ツールドフランスフランスに日本人選手参加決定と書きましたが、ちょっと早とちりだったようです。すいません。
別府選手の方は、スポンサー(シマノ)の意向もあって、ほぼ確実との事ですが、新城選手の方はチーム内の最終選考に残った、という事らしいです。
英語の記事だったもんで、まことに申し訳ありません。
ぬか喜びさせてしまいました・・・・・。

No title

=野田さん

今回は寝袋持参ですか?
言ってくれれば一つ小さいのをお貸ししたのに・・・。

完走されて帰ってきたら、僕からささやかなプレゼントを用意していますので、ご期待下さい。
でもこれ・・・、期間限定ですが・・・。
さて何でしょうねー?
たぶん喜んで頂けると思います。

=Nさん

おー、毎週RTFですか?さすがに走りますねー。

今週末は骨折したKさんの希望でRRで一緒に走ります。
明日、例のオルベアのNさんが治療に来られるので誘ってみます。

そうだそうだ、女性のレーサーもいるのでメールでお誘いしないと。(忘れてました)
最近赴任されたHさんは、明日(土曜日)、ハイバイクにMTBをチェックに行くそうです。

皆さん!着々とメンバーは増えてますよー。

でもねー、個人的にあれからMTBなんですよー。
今の僕の流行は。

すいません、シマノXTのホイール(黒字に白のラインが入ったやつ)、注文しちゃいました・・・。

ええなぁー

早速、注文ですか!
余計な事を教えてしまったかもしれないですね・・・・・。

明日はRRですか、ええなぁー・・・。
明日は朝5時から15時まで仕事です・・・・ケッ、つまらん。
ま、こればっかりは順番で回ってくるので逃げれません。

MTB、いいですよね。
Taunosの森の中をUsingenまで行くルートもあるらしいです。
職場のタイ人が走ってきたらしいので、今度詳しく聞いておきます。
来週“燃えるコース、山頂アタック編”行きますか?
“Hochemark"からのヒッチハイクルートもありますよ。
こちらはFuchstanzまでは、なだらかな登りです。

会長は今回完走すれば、なんとたった2ヶ月で“SR”ですね。
スーパーランドナーですよ!
すげえ!!
見習って僕も走ります。
目指すは来年のE-F・City Loop!

明日は晴天、28度C

そうなんですよー。早速注文です(笑)

あのホイールを街で見る度に、「カッコイイー」と前から思っていたのでした。
別に今のDT-Swissでも構わないんですけど。
シマノはダートの遊び用、DT-Swissは市街用とタイヤを付け替えようと思います。

明日はオルベアNさんも参加。
今日聞いたところによると、Nさんのオーダーを受けたショップの店員が直後に病気になり、
そのオルベアのオーダーはスペインに行ってなかったらしい・・・。
1週間前に事情を知った別の店員が、オーダーを改めて出したらしいです。

数週間(数ヶ月?)の我慢ですね、Nさん。
ドイツに来ていきなり、「ドイツ的縦割り仕事」の洗礼を受けた・・・と笑っていました。
明日は、ジオスで参加です。
ガルミンも購入済みだそうです。(僕も買わなきゃ!)

スペシャライズドのKさん、バッソのKさんにもお誘いメールを出しました。

来週も晴れると良いナー。
そしたら、MTBですよー、僕も。

今朝6時スタートで600kmブルベ挑戦中の野田さん。
今(22時半)どの辺でしょうか?
頑張ってください!!

部活動

どうでしたか?
今日の走りは?

RRの方が人数揃いそうな気配ですね。
妻のRRは、カセットを交換したので、テスト走行しなければ。
今回揃ってKMCのチェーンに変えたのですが、これがかなりいい感じです。
変速がスパスパ決まります。
チェーンは、消耗品ですね、定期的に交換しなければ。

会長、残念でしたね。
この前の感じでは、“スッ”っと通過かなって思ってましたが・・・。
やっぱり、ここに来て道具の違いが大きく出たんでしょうか。
それにしても獲得標高6000mは、かなり厳しいアップダウンですね。これは要(猛)練習ですね。
会長もRRかな?これは。

では、事務局長(石川さん)。
来週の部活動予定、よろしくお願いします!
プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示