ホメオパシーでインフルエンザ予防 2

出勤する朝7時前は冬時間に入ったので明るくなりました。
路面が乾いていればロードレーサーで出発です。

帰りは夜8時を過ぎるので真っ暗。
もちろん自転車にライトをつけて走ります。

ロードレーサーはこんな感じで、点灯が2個、点滅(右側)が1個です。

s-DSC01619.jpg

シクロクロスも同じくこんな感じ。点滅用はレーサーと共有しています。
ゴチャゴチャしてますが(笑)、下に並んだライトの右側は点滅灯としても使えます。
電池はすべて充電式。

s-DSC01621.jpg

なかなか通勤で3発付けている方にはお目にかかりません。
反対から来る自転車は(彼らは左側を通行しているわけですが)、道を譲ってくれます。

--------------------------------------------------------------------------

インフルエンザの話の続き。

予防は大事ですが、じゃあ罹ってしまった場合。
同じく以下の製品をお勧めします。

フランス、ボイロン社製のオスシロコチニューム。

Boiron oscillococcinum (6.85ユーロ)

s-DSC01617.jpg

フランスでは感冒に使うポピュラーなホメオパシーらしい。
8時間後には熱も下がっているそうです。

飲み方ですが、箱の中のカプセルに入っている粒を全部一度に取ります。
つまりこの一箱が一回の服用分です。
口の中で溶かして服用するのは他のレメディーと同じです。

フランス製ということで取り扱っていないアポテケもあるとか。
以下の薬局にはありました。

Rosegger Apotheke
Eschersheimer Landstr.383
60320 Frankfurt
069-561221 Fax:568390

-------------------------------------------------------------------------

患者さんのお嬢さん(6歳)が昨日発熱したのでこれをお勧めしました。

先程電話したら、今日はほぼ平熱に戻り、機嫌も良く食欲もあるそうです。
「ほぼ8時間ですね!」と笑っておられました。
良かったですね。

(Kさんの協力を得てこの記事を書いています)
スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

ライト

こんばんは。

「ちょっとまともな」ライトの検討していたところでしたが、「複数」は考えもしませんでした。

「点灯」の2つがメイン照明だと想像しますが、2本つけるのは照明範囲のためでしょうか?

Re: ライト

Weingauさん、コメントありがとうございます。

ロードレーサーの点灯はまさにその通りです。
日本ではかなりこの世界では愛用されているライトのようです。

http://www.amazon.co.jp/GENTOS-30%E5%91%A8%E5%B9%B4%E8%A8%98%E5%BF%B5%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%80%91-%E3%80%90%E6%98%8E%E3%82%8B%E3%81%95100%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%A9%9F%E8%83%BD%E6%90%AD%E8%BC%89%E3%80%91-SG-305/dp/B001A745IA/ref=pd_sim_sg_6

ただ電池が2時間くらいしか持ちません。(が通勤には十分です)
あとは見た目ですか。コンパクトではあります。

他の自転車にも共有している「点滅ライト」はキャッツアイの HL-EL400です。
これはとても使いやすく、良い製品だと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

クロスとMTBに使っているのは、Busch + Müller と Trelock LS 330。

http://www.bike24.net/1.php?content=8;navigation=1;product=6825;group=92;page=1;pid=66;menuid1=5;menuid2=0;mid=39;pgc=0;ID=7a10eacdecb69d4a2b614ee1a2eed12a

http://www.bike24.net/1.php?content=8;navigation=1;product=6936;group=92;page=2;pid=66;menuid1=5;menuid2=0;mid=43;pgc=0;ID=7a10eacdecb69d4a2b614ee1a2eed12a

ブッシュ&ミュラーは点滅出来ず、点灯のみです。(でも明るさには満足しています。)
充電器も別売りで有り、電池を取り出さなくても充電できます。

前述のキャッツアイを点滅にしていますが、最初はトレロックを点滅に使っていました。

三本付けているときは、薄暗いときにトレロックで点滅、ブッシュ&ミュラーで点灯。
(キャッツアイは電池を温存)
真っ暗なとき、所では、トレロック、ブッシュ&ミュラーを点灯、キャッツアイを点滅に使っています。

今もし通勤用に買うなら(コストパフォーマンスを考えて)、トレロックを2機とキャッツアイにします。

あとは寒さ対策ですね。寒いときはどんどん電池が無くなりますから。
もしもの事を考えて、予備的に複数付けてます。

でも以上はすべて通勤に関しての話し。
夜通し走るブルベでは野田さんのようにハブダイナモがベストではないかと考えています。
僕も400km以上に参加するならエキストラに前輪をそれ様に代えるつもりです。

日本で面白いサイトが有ります。
各商品をユーザーが使用後評価したサイト。
ライトのところで、まさにこの「ブッシュ&ミュラー」を買ったひとのコメントがありました。

http://cbnanashi.net/cycle/index.php

Busch & Mueller

写真では分からなかった(あまり真面目に研究していない?)のですが、シクロクロスの向かって左側、Busch & Muellerだったのですね!

実は数日前から候補No.1に上昇して、今日仕事の帰りに買ってきたのがB&Mでした。「不細工だけど、性能は良い」とのコメントがあったやつです。石川さんも使用中とのこと、安心しました。

ドレスデンは明後日まで雨の予報で、木曜日に初使用か。もっとも、こちらの通勤路は全区間街灯が明るくて、実は「名ばかりのライト」でもさほど怖くありませんでした。

むしろ明るいライトが必須なのは会社(ランゲン)から自宅(FFM)への帰り道。B3を通っても、市街地から外れると街灯がなくなります。

Re: Busch & Mueller

Weingauさん、コメントありがとうございます。

そうですか、B&M つながりですね。
明るさは満足できると思います。

そういえばこれを買ってすぐの頃、信号待ちで隣に並んだおっさんに、
「それ、どこのメーカーのライト?」って聞かれたことありましたもん。

他に一つ点滅灯があると完璧だと思います。
プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示