雪の華

前回のクロスカントリースキーの記事を見たSさんが、土曜日にスキーセットを一式購入。
今日は一緒にタウヌスで走る予定でした。

昨日の購入後、試走しにタウヌスに上がったSさんからレポートで、
この前の雨でクロカンコースは凍結状態。
ちょっと無理らしいとの事。

同じく銀輪倶楽部のメンバーのTさんが自転車でタウヌスのフェルドベルグへ登頂。
ついでに我々のクロカンコースを下見してくださり、同様のレポート。

涙をのんで今回の「雪上ミーティング」は中止にしました。

------------------------------------------------------------------------

朝起きると曇り空。気温は0度C位。
天気予報では雪なのですが降っていません。
山は雪かも・・・と準備して9時過ぎに出発。

もしや・・と思ってSさんに電話したら、フォーゲルスベルグに向かう途中だとか。
やるなぁーSさん。

フォーゲルスベルグはヘッセン州で一番高い山。
フルダ近くのロォーン地方にあります。

昔、週末毎に2年間通った良く知った場所、想い出の場所。美しい所です。
ただフランクフルトから2時間近くかかります。

Sさん、レポート待ってますー!。

-------------------------------------------------------------------------

雪はオーバーウアゼル辺りから降り始め、ホーエマルクトからのタウヌスへの
登りではもうこんな状態。

s-DSC01716.jpg

ザンドプラッケンの反対側

s-DSC01720.jpg

かなりの降雪の中、コースを歩いてチェックしたけど、やはりスキーでは無理と判断。

s-DSC01718.jpg

走る予定だったルートのスタート地点。

s-DSC01719.jpg

雪の華が美しい。
誰もいない、空気の澄んだ山の中に一人で立っているだけで気分が良くなってきます。

s-DSC01717.jpg

明日も予報では雪。
スキーには良いコンディションになると思います。
スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

ラングラウフ、準初体験

別のところでご報告の通り、楽しんできました。景色も、気分も、最高でした。これもここのブログがきっかけです。感謝。あとは、もう少しスイスイ滑れるようになれば.....

ほとんど初体験に近い20年ぶりのラングラウフ、浅くてやわらかい靴に踵の上がるビンディングで、ほんの2~3%の傾斜でも下りが怖かったです。なにせ、アルペンのように急に曲がったり止まったりということがまだ全然できませんので。なので、下りではわざわざトレイルから外れてプルークで降りていました。

翌日以降の筋肉痛、恐れていたほどではないのは、この半年はそれ以前よりちょっとは体を動かしているからでしょうか。(それとも3日目以降に....?)

今度の日曜はCTFがあるようですが、今の私はラングラウフ熱にかかっているようなので、雪があるうちはラングラウフかな、という気分です。

Re: ラングラウフ、準初体験

Sさんコメントありがとうございます。

こちらこそロォーンの素敵な写真ありがとうございます。
あんな素敵なコース滑ってみたいです、僕も。

実は僕もラングラウフ熱に罹っています。(すぐ、はまるタイプなんですよー)
(この雪には)ワックスは何塗ろうかな?何て仕事中に考えちゃってます。

ホント雪のあるうちですからね、スキーは。

これからも宜しくお願いします。
プロフィール

shiatsukenkodo

Author:shiatsukenkodo
--------------------------------------------
・石川 正使 丑年生まれ

・在独29年(治療師歴29年)

・独日の治療国家資格を持つ、世界で一番患者さんに恵まれている治療師

・指圧師
 独・医療マッサージ師
 独・理学療法士
 独・リンパドレナージュ
   治療師
 独・スポーツ理学療法士

・ドイツスキーナショナルチームの専属治療師として世界中を転戦

・ドイツチームでオリンピックに参加した唯一の日本人

・渡独前の夢はすべて実現させました

・お陰様で自分の腕一本で海外生活させていただいています

・この仕事が大好き

・今が一番楽しいです

----------------------

・仕事で一番大事な指の怪我が心配で、高校1年生からのめり込んだラグビーを、40歳で引退

・ラグビーを辞めても、好きなスポーツの順番は変わらず、ラグビー、自転車、スキーの順

・健康維持とストレス発散の為、一年中、毎日往復20kmの自転車通勤で、体力抜群のドイツ人相手にバトルを繰り返す毎日を送っている、下りが苦手な元登録レーサー

・生涯のモットーは、

 「人生は強気で行く」
 
 「本物を目指す」

・ ライフワークは

 「治療の探求」

 「ドイツ語の上達」

----------------------

・どう見られるかより「どう在りたいか」を常に自分に問いたい

・生きていく為の仕事ではなく、仕事の為に生きていく人生

・21歳で天職と決めたこの仕事で「知命」を迎え、全ての夢を叶え、生計を立てられる幸せを沸々と感じる昨今

・「職人」「求道心」「前進」

・ブレない生き方

・「初心」「基本」「患者さんを思う心」の難しさ、大切さが最近やっと判りかけてきました

・25年以上もかかってやっと、「治療の基礎」が確立してきたかなぁー、と思う今日この頃

・それに比例して日々増していく「治療は難しい」という思い

・治療を追求すればするほど天井の低い「先細りの筒の中」を進んで行く感じがします

・治療でも人生でも最後の勝負を決するのは、「気」ではないかと考えています

・全ての夢を叶えさせてくれたドイツに感謝

・90歳まで現役治療師として、患者さんに喜んで頂き、社会に貢献する事を、毎朝深く祈念しています

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示